【新車】YAMAHA、「SR400」2014年モデル発売 “Since 1978″を刻んだ金属調エンブレム採用、エレガントな新色を設定

ヤマハ発動機株式会社は、1978年の初代モデル発売以降のロングセラーモデル「SR400」のグラフィックなどを変更、新色を設定し2014年モデルとして2014年1月20日より発売します。

2014年モデルの「SR400」は、落着きとエレガントをイメージさせる新色「ダークグレーイッシュレッドメタリック3」(マルーン)を新たに設定。また、(1)タンクとリアカウルへのループストライプ採用、(2)ブラック文字盤メーターパネル、(3) “SR Since1978”の金属調のエンブレム採用サイドカバー、などの仕様変更をおこないました。 なお、メーカー希望小売価格を従来モデルより引き下げました。

▼新色「SR400」 ダークグレーイッシュレッドメタリック3(マルーン)

▼「SR400」 ヤマハブラック(ブラック)

▼「SR400」 ニューパールホワイト(ホワイト)

■発売日 2014年1月20日
■メーカー希望小売価格:535,500円(本体価格510,000円、消費税25,500円)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。
■「SR400」主要仕様諸元
・原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
・気筒数配列 単気筒
・全長×全幅×全高 2,085mm×750mm×1,110mm
・シート高 790mm
■カラーリング
・ダークグレーイッシュレッドメタリック3(マルーン)
・ヤマハブラック(ブラック)
・ニューパールホワイト(ホワイト)
■販売計画 1,300台(シリーズ合計/年間/国内)

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る