【MotoGP】アジアの旋風 IDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦 第6回

Rd16〜Rd18・そして、新たな挑戦へ

波瀾万丈の出来事が続いた2013年シーズンも大詰めを迎え、IDEMITSU Honda Team Asiaのアズラン・シャー・カマルザマンのホームグランプリとなったマレーシアGPを終え、チームの面々は次なる戦いの舞台、南半球のオーストラリアへと向かいました。

戦いの舞台となるフィリップアイランド・サーキットは、オーストラリア大陸のほぼ最南端に位置しており、毎年10月後半〜11月前半に開催されるレースは真冬のような温度条件になることでも知られています。南極方向から吹く冷たい強風や、海際に面したサーキットの地理的特性から、コロコロと変わる気象状況にチームの総合力でどう対応するかが勝負を大きく左右します。

しかし、今年は例年になく安定した天候でレースウイークが推移していきました。それでも冷たい風は例年同様に強く吹きつけ、当地を初めて経験するチームとアズランにとって困難なコンディションになりました。ウイーク初日の金曜日は総合26番手、土曜日の予選では29番手という厳しい位置からのスタートを余儀なくされました。

ところで、今年のフィリップアイランド・サーキットは路面が再舗装されて、グリップが今まで以上に向上していました。タイヤメーカーもそれを想定したコンパウンドを準備してレースに備えましたが、路面のグリップ力はその想定を大きく上回っており、Moto2クラスのどの選手も、タイヤの摩耗は想像以上に激しいものになりました。レースディレクションとタイヤメーカーが安全性を配慮して協議を行った結果、日曜日の決勝レースは当初の予定よりも短い全13周で行われることになりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る