ARRC Rd.6 最終戦 アズランがアジア王者を獲得!藤原は惜しくも2位

アジアロードレース選手権シリーズ最終戦がカタール・ロサイルサーキットで11月23日(土)にナイトレースで行われ、ランキングトップにつけていたアズラン・シャー・カマルザマンがダブルウインを達成し、初のアジアチャンピオンを獲得した。

藤原克昭は、2位/3位となりランキング2位で2013年シーズンを終えた。

伊藤勇樹は、5位/7位でランキング4位、小山知良は、8位/8位でランキング5位、小林龍太が、11位/9位でランキング6位となっている。

鈴鹿8耐で負ったケガが癒えていない玉田誠は、2レースとも出走したがノーポイントとなりランキング8位。岩田悟は、9位/15位でランキング13位、岡村光矩は、15位/13位でランキング14位、稲垣誠が、17位/14位でランキング18位となった。日本ラウンドで大活躍した中冨伸一は、ランキング9位だった。(C)ARRC

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  2. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  3. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  4. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
ページ上部へ戻る