【新車】HONDA、原付スクーター「ディオ」「ディオ チェスタ」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、スタイリッシュなデザインと充実した装備で人気の原付スクーター「ディオ」と、ディオをベースに車体一体型の大型フロントバスケットを採用した「ディオ チェスタ」のカラーバリエーションを変更し、11月25日(月)に発売します。

今回のディオは、新色3色と継続色2色を合わせた全5色の豊富なカラーバリエーションとしています。なお、シート表皮のカラーを従来のブラックからグレーとブラックの2トーンに、前・後ホイールをブラックから高級感のあるゴールドに変更しています。

ディオチェスタは、新色1色と継続色2色を合わせた全3色のカラーバリエーションとしています。なお、シート表皮のカラーを新たな配色のブラウンとグレーの2トーンに、ハンドルグリップのカラーをブラックからブラウンに変更することで、上質感を高めています。

=ディオのカラーバリエーション=
●マットアクシスグレーメタリック(新色)
●アズキブラウンメタリック(新色)
●パールコットンアイボリー(新色)
●デジタルシルバーメタリック(継続色)
●パールアメジストパープル(継続色)

=ディオ チェスタのカラーバリエーション=
●アズキブラウンメタリック(新色)
●パールコットンアイボリー(継続色)
●スウィートバイオレットメタリック(継続色)

ディオは、粘り強く滑らかな出力特性の空冷4ストロークエンジンと、扱いやすい車体サイズや、容量22Lのヘルメット収納スペースなどの使い勝手に優れた50ccのスタンダードスクーターとして、10代から50代の幅広い層に支持されています。ディオ チェスタは、ショッピングに便利な大型のフロントバスケットの採用などにより、幅広い年齢層の女性を中心に支持されています。

※ Honda調べ

▼ディオ(マットアクシスグレーメタリック)

▼ディオ チェスタ(アズキブラウンメタリック)

▼ディオ(パールコットンアイボリー)

●販売計画台数(国内・年間)
ディオ 15,000台
ディオ チェスタ 5,000台

●メーカー希望小売価格
ディオ 159,600円(消費税抜き本体価格 152,000円)
ディオ チェスタ 166,950円(消費税抜き本体価格 159,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る