Kawasaki、ニンジャ 250・ニンジャ 250 ABS・Z250のサービスキャンペーン

■サービスキャンペーン開始日:平成25年11月中旬

【不具合の内容】
1.前輪用油圧式制動装置において、ABSセンサブラケットの形状が不適切なため、組付時のバラツキによっては、キャリパとブラケットが干渉する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、片側のブレーキパッドが早期に磨耗するおそれがある。

2.後輪用油圧式制動装置において、スイングアームのクランプの溶接位置が不適切なため、キャリパとクランプが干渉する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、片側のブレーキパッドが早期に磨耗するおそれがある。

ただし、いずれの場合も制動力には影響しない。

【改善の内容】
1.全車両、ブラケット及びボルトを対策品と交換する。

2.全車両、クランプとキャリパのクリアランスを点検し、クリアランスが狭い場合には修正する。
また、キャリパと他部品が干渉していた場合、ブレーキパッドの片磨耗の有無を点検し、異常な片磨耗が認められる場合は、ブレーキパッドを交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・ダイレクトメール等で通知する。

【対象の型式、通称名、車台番号、製作期間、対象数】

型式 通称名 サービスキャンペーン対象車の車台番号
(シリアル番号)の範囲及び製作期間
サービスキャンペーン対象車の台数 備 考
JBK-EX250L ニンジャ 250
EX250L-A12213〜EX250L-A40839
平成24年12月18日〜平成25年9月25日
3,699 2
ニンジャ 250 ABS
EX250L-A13759〜EX250L-A43633
平成24年12月24日〜平成25年10月8日
1,240 1、2
JBK-ER250C Z250
ER250C-A00048〜ER250C-A08258
平成25年2月22日〜平成25年9月25日
1,351 2
   
(製作期間の全体の範囲)
平成24年12月18日〜平成25年10月8日
計 6,290台  

<備考> 不具合・改善内容の1についてはニンジャ 250 ABSのみ対象です。
<ご注意> サービスキャンペーン対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合もあります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る