MotoGP スペイン選手権:22ヶ国から80人の外国籍ライダーがエントリー

最終戦バレンシアGPとオフィシャルテストが終了したばかりのリカルド・トルモ・サーキットで、スペイン選手権のバレンシア大会が開催。3クラスのタイトル争いに注目が集まる中、22ヶ国から80人の外国籍ライダーが集結。日本からレギュラーライダーの2人を含めて5人がエントリーした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  2. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  3. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  4. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
ページ上部へ戻る