【新車】SUZUKI、アドベンチャーツアラー「V-Strom650 ABS」の車体色を変更して発売

スズキ株式会社は、長距離ツーリングでの快適性を高めた二輪車「V-Strom650 ABS」の車体色を変更して、2013年11月28日より発売する。

●主な変更点
車体色を 新色のキャンディダーリングレッド(赤色)、パールブレーシングホワイト(白色)、既存色のサンダーグレーメタリック(灰色)の全3色設定とした
タンク両側にある「Sエンブレム」の変更
※主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

▼V-Strom650 ABS キャンディダーリングレッド(赤色)

▼V-Strom650 ABS パールブレーシングホワイト(白色)

■メーカー希望小売価格:¥882,000(消費税抜き¥840,000)
■発売日:2013年11月28日

*価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。

●「V‐Strom650 ABS」の主な特徴
・「タフ&スマート」をデザインキーワードに、アドベンチャーツアラーに求められる機能を表現した、洗練された一体感のある造形
・低中速域での扱いやすさを高めた、645cm3水冷4サイクル90度Vツイン(V型2気筒)DOHC4バルブエンジンを搭載し、力強く扱いやすい走りを実現したフューエルインジェクションシステムと2つのスロットルバルブを持つスズキ独自のSDTV(スズキデュアルスロットルバルブ)を装備
・スムーズなハンドリングと高い操縦安定性に貢献する、軽量で高剛性なアルミ製ツインスパーフレームとスイングアーム
・前後方向の着座自由度が高く、快適な乗車ポジションを提供するシート座面形状及び、長時間のタンデムツーリングに対応した、ホールド性を高めたタンデムシート
・リンク式モノショックを採用し、路面追従性を高めたリヤサスペンション
・ライダーのブレーキ操作を一定範囲内で補助する電子制御式ABSを標準装備
・視認性の高い発光指針式のアナログタコメーターと、速度計をはじめ、燃料計、オドメーター、ツイントリップメーター、燃費計、外気温計、凍結表示灯、時計などを表示する大型液晶デジタルディスプレイを組み合わせた機能的なメーターパネル
・トランスミッションと連動した、何速に入っているかを表示するギヤポジションインジケーター
・ハンドルのスイッチで操作可能としたメーターの表示切替
・高い防風効果を発揮する、3段階に高さ調節が可能な大型可変風防
・より長い航続距離を確保する、大容量20L燃料タンク
・握りやすさと高い剛性を持ち同乗者をサポートするとともに、ロープフックなどを使った積載に対応した、グラブバーと一体型のリヤキャリア
・盗難抑止に役立つイモビライザーシステム

関連記事

編集部おすすめ

  1. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  2. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  3. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  4. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
ページ上部へ戻る