MotoGP ヤマハのロレンソ&ロッシが2014年型M1をテスト

2014年の規定に適応した2014年型のYZR-M1が投入されたロレンソとロッシが、オフィシャルテストの1日目と2日目に参加。108ラップと99ラップを周回して、今季のテストプログラムを終了した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、リカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテストの1日目に1番手、2日目に2番手に進出。バレンティーノ・ロッシは、2番手と7番手だった。

2014年の新規定により、共通ECUのハードウェアを搭載した開発中の2014年型YZR-M1が投入され、燃料20リットルに対応する燃料消費システムなどを試しながら、2日間のテストプログラムを実行。

シーズン終盤に3連勝を挙げたランク2位のロレンソは、1日目に48ラップを周回。1分31秒257の1番時計を記録した後、2日目には60ラップを周回。1分30秒768の2番時計、トップタイムから0.232秒差を刻んだ。

「来年型のバイクを試した。幾つかポジティブなことが見つかった。幾つか小さなアドバンテージを得られるように、幾つかの細かいところを試している。大きくて重要な調整が行われるセパンまで待たなければいけない」と、テストを振り返った。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  2. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
  3. 【PR】 高級感は圧倒的、走りもスポーティに進化する 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
  4. 【PR】 防水性能は折り紙付き エアバルブが超便利だ 【ビッグマシン・ゼロ:文-…
ページ上部へ戻る