ホンダ、MotoGP市販レーサー「RCV1000R」を発表

Hondaは、MotoGP第18戦バレンシアGPが開催されるバレンシア・サーキットにて、ほかのチームに販売するMotoGP新型プロトタイプマシン「RCV1000R」を発表しました。

Hondaは、ロードレース世界選手権(MotoGP)のMotoGPクラスに参戦を望む多くのチームやライダーが、より廉価に参加できるように、MotoGPワークスマシン「RC213V」の技術を投入してRCV1000Rを開発。2014年シーズンに向け、各チームに販売します。

RCV1000Rのシャシーは、現行RC213Vプロトタイプをベースとし、オーリンズ社製サスペンションとNISSIN製ブレーキを装備します。専用となるエンジンは、バルブスプリングと通常のマニュアルトランスミッションを搭載するバンク角90°のV型4気筒で、最高出力175kw/16000rpmを発生します。2014年より導入される新レギュレーションに基づき、統一ECU(電子制御装置)と統一ソフトウェアを搭載します※1。日本国内で実施されたサーキットテストでは、MotoGPクラスで2度のチャンピオン獲得経験のあるケーシー・ストーナー氏がテストライダーを務め、高い評価を得ています。

2014年シーズンは、「Aspar Team」よりニッキー・ヘイデン選手と他1名、「Honda Gresini Team」よりスコット・レディング選手、「Cardion AB Team」からはカレル・アブラハム選手の計4名が、RCV1000Rで参戦を予定しています。

HondaはバレンシアGP後の月曜日より、3日間のサーキットテストを予定しています。
※1 2014年シーズンより、MotoGPクラスは、統一ECU(電子制御装置)と統一ソフトウェアを使用するマシン(1レースあたりの使用燃料は24L、シーズン中に使用可能なエンジンは1ライダー12基まで)と、統一ECUと独自開発ソフトウェアの使用(燃料は20L、エンジンは5基まで)の2種類のプロトタイプマシンが参戦します。

【ケニー佐川編集長のトピックス】ホンダが市販レーサー「RCV1000R」を発表!

▼RCV1000R

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る