【新車】YAMAHA、ボルト誕生!最新クルーザー「XVS950CU BOLT」及び「XVS950CU BOLT-R」 12月10日より発売

ヤマハ発動機株式会社は、950cc の空冷 V ツインエンジンを搭載し、ヤマハクルーザーの新ラインナップとなる「XVS950CU BOLT(ボルト)」、及び「XVS950CU BOLT-R(ボルト R スペック)」を 2013年12月10日より発売します。(ABS 装備車は 2014年1月20日より発売)

「XVS950CU BOLT」及び「XVS950CU BOLT-R」は、(スターシリーズならではのボバースタイル※と市街地走行の楽しさ)をコンセプトに掲げ開発、シンプルな外観に都市近郊でのショートライドでの快適な走行性を備えたモデルです。

主な特徴は、1)市街地走行にも適した走行性と車体サイズ、2)“ボバー”感あるスタイル、3)ロウメタル&塊感あるボディデザイン、などです。なお「XVS950CU BOLT-R」は、ゴールドリザーバータンク付きリアサスペンションなどを装備した上級モデルです。両モデルとも ABS 装備車を設定しています。
※Bobber:北米で近年人気のクルーザーのカテゴリーのひとつ。不整地オーバルコースを周回するレースのイメージを源流とし、装備を都市部のショートライドに必要なものに限定したカスタマイズのトレンド。外装を簡素化しスリムでコンパクトな車体などが特徴。

▼XVS950CU BOLT_ブラックメタリック
■メーカー希望小売価格「XVS950CU BOLT」 874,650円(本体価格833,000円、消費税41,650円)
■発売日 2013 年 12 月 10 日発売

▼XVS954CU BOLT_ブルーイッシュホワイトカクテル

▼XVS950CU BOLT-R_マットグレーメタリック
■メーカー希望小売価格「XVS950CU BOLT-R」 918,750円(本体価格875,000円、消費税43,750円)
■発売日 2013 年 12 月 10 日発売

▼XVS950CU BOLT (A)_ブラックメタリック
■メーカー希望小売価格「XVS950CU BOLT(A)」 924,000円(本体価格880,000円、消費税44,000円)
■発売日 2014 年 1 月 20 日発売

▼XVS950CU BOLT-R (A)_ブラックメタリック
■メーカー希望小売価格
「XVS950CU BOLT-R(A)」968,100円(本体価格922,000円、消費税46,100円)
■発売日 2014 年 1 月 20 日発売

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

>> 「XVS950CU BOLT / BOLT-R」製品情報 はこちら

BOLT スペシャルサイト:ムービーや開発者インタビュー、足つきチェックなどを楽しめます。

■開発の狙い

国内小型二輪市場では、「SR400」や「XVS400」など、空冷エンジンに象徴されるシンプルな外観と扱い
やすい車体サイズが、本物志向からファッション志向まで幅広い層に高い支持を受けています。新製品
「XVS950CU BOLT」は、近年北米でのクルーザーモデルの新トレンドである“ボバー”スタイルを国内市場
に提唱するとともに、「SR400」や「XVS400」などからのステップアップ需要にも応えるモデルとしました。

■主な特徴

1) 軽快な走行性を支える空冷 V ツイン

950 cc の空冷・60 度 V 型 2 気筒・4 バルブエンジンを搭載。クランク軸、メイン軸、ドライブ軸の 3 軸をコ
ンパクトに設計してマスを集中化し、優れた走行性を支えるエンジンとなっています。
吸気用ダクトの形状と内部構造を専用設計したコンパクトなエアクリーナーを通じて新鮮な外気を取り
入れ、専用セッティングによる燃料噴射で素早い燃焼を促進、優れたトルク特性を発揮します。
排気系には右側出しの 2-1 エキゾーストパイプを採用しました。フロント側にまわり込んだ後気筒のエ
キゾーストパイプと、ショートサイレンサーが特徴です。なお、2 次駆動にはカーボン芯線で 21mm幅のスリ
ムなベルトドライブを採用、優れた加速感を支え、かつコンパクトな車体構成に貢献させています。

2) コンパクトなボディを支える新設計フレーム

新設計フレームは、コンパクトなダブルクレードル形式を採用しました。エンジン懸架は、「XVS400」シリ
ーズと同様のエンジンを車体の強度材として活用するリジット方式を採用、心地よいパルス感をライダー
に伝えます。ホイールベースは 1,570mmと短めに設定、各ディメンションとのバランスで市街地では扱いや
すく、郊外では安定感あるハンドリングをもたらします。
ホイールは新デザインのキャストホイール(「XVS950CU BOLT-R」は切削ホイール)、ブレーキは前後に
ウェーブ形状のディスクブレーキ(前フローティング)を採用しました。その他、コンパクトな12リットルタンク、
丸型液晶ディスプレイのスピードメーター(スモークレンズ)、スチール製ショートタイプ前後フェンダー、鞍
型シートなどが特徴です。

3) “Ultimate Purely Bobber”(究極のボバースタイル)を具現化したデザイン

ボディデザインは “Ultimate Purely Bobber”(究極のボバースタイル)のコンセプトに基づき、“ロウメタ
ル・シンプル・スポーティ”の各要素を調和させています。
“ロウメタル”を示唆するのが、エキゾーストパイプ、サイレンサー部のステンレスカバーやバフ掛けシリ
ンダーフィンなどで、クルーザー系で定番のクローム処理ではなく生の金属素材を施しました。またタンク
とシート間に僅かな隙間を設け、乗車姿勢からフレームが視認できるなど各所にボバー感を強調していま
す。
基本装備は最低限に絞り込み、コンパクトなエアクリーナー&シリンダーヘッドカバー、スリムなリアま
わりなどをバランスさせ“シンプル”な外観としました。
さらにエンジンと燃料タンクの密接した配置、空気の流れを演出する吸気用ダクト、エキゾーストパイプ
の有機的なレイアウトなどが、性能を可視化しながら“スポーティ”を印象づけています。

■お問い合わせ
ヤマハ発動機お客様相談室(フリーダイヤル 0120-090-819)」

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る