ホンダが市販レーサー「RCV1000R」を発表!

HRCの市販MotoGPレーサー「RCV1000R」がついにベールを脱いだ。最終戦バレンシアGPの開催地のリカルド・トルモ・サーキットで7日、パドック内で2014年から投入される「RCV1000R」がプレス関係者に初披露され、HRC副社長の中本修平氏がプレゼンテーションを行った。

「RCV1000R」は、プロトタイプマシン「RC213V」をベースに日本で開発が進められ、秋吉やストーナーらホンダの元MotoGPライダーも参加してテストを続けてきた。基本的には2013年型「RC213V」と同じシャシージオメトリーを持つアルミツインスパーフレームに、排気量999.5cc 90°V型4気筒エンジンを搭載。エンジンの点火サイクルなどは共通としながらも、空気圧を用いたニューマチックバルブやシームレスミッションなど、ファクトリーレーサーに搭載されている最先端技術は除外され、通常のバルブスプリングとトラディショナルギアボックスの仕様となるなど、コストダウンが図られている。

プレス映像を見る限り、外装はフルカーボンで、足回りはOhlins製サスペンションとNissin製ブレーキキャリパー&カーボンディスクを備え、エキゾーストの取り回しなどもプロトタイプと共通。左グリップ周辺には、おそらくパワーモードやトラコンなどの電子制御を操作するためとみられるボタンが並んでいる様子も映し出されている。一方で、ガソリンタンク形状がレギュレーションの関係で若干異なる点、そして、ステップ位置が可変タイプになっているところなどに市販レーサーの特徴が見てとれる。

ちなみに燃料はプロトタイプの20リットルに対し最大24リットルまで認められ(ホンダは23リットル仕様とみられる)、年間で最大12基までのエンジン使用が可能となるなど、戦闘力の劣る市販レーサーにはアドバンテージが与えられている。また、来シーズンから導入される、MotoGP”オープン”クラスへの参戦となることから、マニエッティ・マレリ製のハードウェアとソフトウェアが搭載されることになる。

気になる2014シーズンの動向だが、現在のところ「RCV1000R」は3チーム、4人のライダーが使用することが決まっている。「ホンダ・グレシーニ」のスコット・レディング、「カルディオン・AB・モーターレーシング」のカレル・アブラハム、「アスパル・チーム」のニッキー・ヘイデンの他もう一人のライダーが予定されているとのこと。
ファクトリーレーサーと市販レーサー、そしてCRT勢を交えたガチバトルが今から楽しみだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆ホンダ、MotoGP市販レーサー「RCV1000R」を発表
◆MotoGP市販レーサー「RCV1000R」を発表




ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る