【新車】2014年モデル、KAWASAKI KX450Fを発表

40年にも及ぶ勝利へのこだわり。
進化し続けることで到達した圧倒的なパフォーマンス。

強烈なパワーと広いパワーバンドを併せ持つエンジン。ストレートでの全開走行に対応する高剛性アルミニウムフレーム。高速走行においても優れたコントロール性を発揮する最新サスペンション。ファクトリーレーサー直系の独創的な最新装備の数々。そして、1973年のデビュー以来、40年間揺らぐことなく受け継がれて来た『Built to Win』の哲学。
KX450F ?栄光を掴むためのマシン。

・ローンチコントロールモード
レースシーンには欠かせない装備、ローンチコントロールモードを搭載。ハンドルバーに取り付けられたボタンを押すだけで、滑りやすい路面でのスタート時に最適な専用エンジンマップへと切り替え可能。点火時期を最適化することで、過剰なパワーによるトラクションのロスを防ぎ、ホールショット獲得に絶大な効果を発揮する。

・3種のFIセッティングが選択可能
エンジンマッピングの変更が素早く、簡単にできるDFIカプラーを採用。3種のカプラーを差し替えることで、標準、ハード、ソフトなど、異なる路面コンディションに合わせることができる。

・世界最高峰で3連覇を達成
世界中のモトクロスレースで活躍するKX450F。なかでも最高峰の位置づけとなるAMAスーパークロスでは、ライアン・ビロポートのライディングにより3連覇の偉業を成し遂げた。

・レーサー直系のブリッジド・ボックス・ボトム・ピストン
カワサキファクトリーレーサー直系の技術、ブリッジド・ボックス・ボトム・ピストンを採用し、全回転域で圧倒的なパワーを発揮(量産モトクロッサーでは、2010年KX250F/450Fが初採用)。短いスカート、ピストンピン周辺のリブに加え、 スカート内側に設けられたブリッジによるボックス形状を特徴とし、軽量化と高剛性化を両立している。

・ファクトリースペックエンジン
エキスパートライダーのために高度なチューニングが施されたエンジン。トルクフルかつ鋭いスロットルレスポンスとワイドなパワーバンドが、ライダーを勝利へと導く。小型軽量ECU、バッテリーレス・フューエルインジェクションシステムなど、レーシングマシンにふさわしい最新の装備を持つ。

・KX FIキャリブレーションキット(オプショナルパーツ)
カワサキファクトリーチームが使用するものと同じ、エンジンマップ書き換えキットをオプションで用意。データマップを書き換えることで、コースやコンディション、ライダーの好みに合わせてエンジン特性を自在に変更できる。また、データロガー機能により走行データの記録や解析を可能としている。

【カラー】
■Lime Green

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る