【新車】2014年モデル、KAWASAKI スクーターのJ300を発表

カワサキ初の欧州向けスクーター

カワサキのこれからの都市型交通ソリューションの一翼を担うまったく新しいモデル、それがJ300。
従来のスクーターに求められたのは、快適性と利便性だった。J300はそれに加えて余裕のある走行性能も達成。この優れたアーバンパフォーマンスを、ひとめでカワサキとわかるアグレッシブデザインで包み込み、さらに高い質感も追求。
日常的な移動においてもファンライディングが楽しめる、新しいスポーツコミューターが誕生した。

・機能性とデザイン性を両立したウインドスクリーン
ウインドスクリーンを低く、スポーツモデルのように寝かせた角度で取り付けることで、アグレッシブなボディデザインを実現。ビッグスクーターならではの快適性と、スポーティなルックスを両立している。

・シャープなヘッドライトまわり
大型マルチリフレクターヘッドライトはカワサキのスーパースポーツ、Ninjaシリーズを彷彿とさせるシャープでアグレッシブなデザインを採用。ヘッドライトの縁に並ぶ3個のLEDポジションライトが、J300のスポーティなマスクをさらに引き締める。

・各部の高い質感
随所に高品質な仕上げを施したJ300。大型LCDを採用したメーターやメタリック塗装によるハンドルカバーが、コックピットの高級感あるイメージを演出する。また、2種類の表皮を組み合わせたシートにはシルバーのステッチを施すことで、質感を高めている。テールライトにはシャープな形状のLEDタイプを採用する。

【カラー】
■Metallic Flat Anthracite Black / Candy Flat Blazed Green (Special Edition)

■Metallic Anthracite Black

■Metasatin Silver

関連記事

編集部おすすめ

  1. アプリならではのオリジナルコンテンツを配信 カワサキモータースジャパンは、スマートフォン用…
  2. 新しい色彩調和に挑戦したデザインが評価 ヤマハ発動機の「MT-10」「MT-09」「MT-…
  3. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  4. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
ページ上部へ戻る