アプリリア、2016年でのMotoGP復帰を発表

2004年を最後に最高峰クラスへの見送っていたアプリリアの親会社、ピアジオ・グループが、CRTプロジェクトを継続するだけでなく、2016年にファクトリーとして参戦する意向を、モーターサイクルショーの会見で発表した。

ピアジオ・グループのCEO最高経営責任者ロベルト・コラニーノは5日、イタリア・ミラノで開催されている世界最大規模のモーターサイクルショー、EICMAで共同会見を開き、グループ傘下のアプリリアが、2016年にMotoGPに復帰することを発表した。

「2016年、アプリリアは、スーパーバイク世界選手権と同じような成功を収め、勝利を挙げるために、MotoGPに復帰します」と、CRTとしてではなく、MotoGPマシンを投入する意向を明かした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る