アプリリア、2016年でのMotoGP復帰を発表

2004年を最後に最高峰クラスへの見送っていたアプリリアの親会社、ピアジオ・グループが、CRTプロジェクトを継続するだけでなく、2016年にファクトリーとして参戦する意向を、モーターサイクルショーの会見で発表した。

ピアジオ・グループのCEO最高経営責任者ロベルト・コラニーノは5日、イタリア・ミラノで開催されている世界最大規模のモーターサイクルショー、EICMAで共同会見を開き、グループ傘下のアプリリアが、2016年にMotoGPに復帰することを発表した。

「2016年、アプリリアは、スーパーバイク世界選手権と同じような成功を収め、勝利を挙げるために、MotoGPに復帰します」と、CRTとしてではなく、MotoGPマシンを投入する意向を明かした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る