アプリリア、2016年でのMotoGP復帰を発表

2004年を最後に最高峰クラスへの見送っていたアプリリアの親会社、ピアジオ・グループが、CRTプロジェクトを継続するだけでなく、2016年にファクトリーとして参戦する意向を、モーターサイクルショーの会見で発表した。

ピアジオ・グループのCEO最高経営責任者ロベルト・コラニーノは5日、イタリア・ミラノで開催されている世界最大規模のモーターサイクルショー、EICMAで共同会見を開き、グループ傘下のアプリリアが、2016年にMotoGPに復帰することを発表した。

「2016年、アプリリアは、スーパーバイク世界選手権と同じような成功を収め、勝利を挙げるために、MotoGPに復帰します」と、CRTとしてではなく、MotoGPマシンを投入する意向を明かした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る