アプリリア、2016年でのMotoGP復帰を発表

2004年を最後に最高峰クラスへの見送っていたアプリリアの親会社、ピアジオ・グループが、CRTプロジェクトを継続するだけでなく、2016年にファクトリーとして参戦する意向を、モーターサイクルショーの会見で発表した。

ピアジオ・グループのCEO最高経営責任者ロベルト・コラニーノは5日、イタリア・ミラノで開催されている世界最大規模のモーターサイクルショー、EICMAで共同会見を開き、グループ傘下のアプリリアが、2016年にMotoGPに復帰することを発表した。

「2016年、アプリリアは、スーパーバイク世界選手権と同じような成功を収め、勝利を挙げるために、MotoGPに復帰します」と、CRTとしてではなく、MotoGPマシンを投入する意向を明かした。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る