JRR Rd.9 J-GP3 山田誓己、4勝目をもぎ取りチャンピオン獲得!

好スタートを決めた山田誓己と國峰啄磨のトップが2周目に入る直前に赤旗が提示され、再スタートとなったJ-GP3クラスの決勝レース。2度目のスタートでも山田が絶妙のスタートを決めるが、大久保光がオープニングラップのシケインでトップに立って戻って来た。しかし、山田と國峰が大久保をかわすと、そのままレースをリードしていく。その直後には大久保と仲城英幸も加わり、トップ4が形成される。後方では宇井陽一と小室旭がバトルを展開。

トップグループはレース中盤になると山田、國峰の2台と仲城、大久保の2台に分かれて、このクラスらしいテール to ノーズの激しい争いが繰り広げられていく。6周目に再びトップに立った山田だが、國峰はピタリと付けて周回は続いていった、そして迎えた最終ラップ、西ストレートで横に並んだ國峰が130Rの進入で山田をパス、トップとなるが、山田がシケインでトップを奪い返し、そのまま逃げ切り。トップでチェッカーを受け、今季4勝目を挙げて2013年全日本チャンピオンを決めた。大久保と仲城の間で繰り広げられていた3位争いは、大久保に軍配が上がった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る