JRR Rd.9 ST600 中冨伸一が今季初ポールポジション!

気温17度、路面温度は19度とやや肌寒い中で始まった最初の公式予選ST600クラス。セッション開始早々は大崎誠之が2分12秒502でトップに立ったが、中冨伸一がその後すぐに12秒032をマーク、トップを奪った。3番手はポイントリーダーの渡辺一馬で12秒570、4番手に國川浩道が13秒033と続く。

セッション終盤には岩崎哲朗が12秒747へタイムを更新し、4番手に浮上する。しかし結局、中冨が2周目にマークしたトップタイムを上回るライダーは現れず、中冨が今季初ポールポジションを獲得した。2番手以降は渡辺、大崎、岩崎、國川、井筒仁康、伊藤勇樹、小林龍太。初タイトルを狙う渡辺と直接対決となる横江竜司は13秒688で9番手スタートとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本が生んだ伝説の名車たちを紹介するシリーズ。国産市販バイクが世界の頂点に上り詰めた昭和44…
  2. 「KAWASAKI Z900RS CLUB JAPAN」主催の北関東ミーティングが、12月2…
  3. 本誌が描いた妄想CGが現実へ──。BMW・G310Rのフルカウル仕様を製作するプロジェクトが…
  4. 昭和50年代は、免許制度の改正により人気が中型に集中し始めた時代だ。ここではレプリカブーム以…
ページ上部へ戻る