JRR Rd.9 ST600 中冨伸一が今季初ポールポジション!

気温17度、路面温度は19度とやや肌寒い中で始まった最初の公式予選ST600クラス。セッション開始早々は大崎誠之が2分12秒502でトップに立ったが、中冨伸一がその後すぐに12秒032をマーク、トップを奪った。3番手はポイントリーダーの渡辺一馬で12秒570、4番手に國川浩道が13秒033と続く。

セッション終盤には岩崎哲朗が12秒747へタイムを更新し、4番手に浮上する。しかし結局、中冨が2周目にマークしたトップタイムを上回るライダーは現れず、中冨が今季初ポールポジションを獲得した。2番手以降は渡辺、大崎、岩崎、國川、井筒仁康、伊藤勇樹、小林龍太。初タイトルを狙う渡辺と直接対決となる横江竜司は13秒688で9番手スタートとなった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 高品質なオートバイ製品を提供する岡田商事は、フランスのグローブブランド「FIVE」の新製品「…
  2. 日本自動車工業会(以下自工会)は、2018年10月6日(土)~8日(月・祝)に、東京臨海副都…
  3. スズキは、10月2日よりドイツ・ケルンで開催される「インターモト2018」に向け、「“斬”F…
  4. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
ページ上部へ戻る