ホンダ、ケーシー・ストーナー氏によるSUGOでのMotoGPマシン テスト レポート

Hondaは、ロードレース世界選手権MotoGPクラスで2度のチャンピオン獲得経験のあるケーシー・ストーナー氏をテストライダーに迎えた、MotoGPワークスマシン「RC213V」の開発テストを、10月28日(月)から30日(水)の3日間、宮城県の「スポーツランドSUGO」で実施しました。全日程とも好天に恵まれた今回は、2013年型および2014年型のRC213V用の、新しいフレーム、新しいエンジンを含む多項目に及ぶテストが、実施されました。

◆ケーシー・ストーナー氏のコメント
「今回のテストは、日没時間の早くて寒いスポーツランドSUGOで実施したことを考慮すると、かなりの時間をコース上で過ごした非常に充実した3日間であったと思います。我々は、2013年型とその進化型の2014年型のRC213Vに関し、多忙ともいえるテストスケジュールをこなしていきました。どちらのマシンにもそれぞれよさがあり、それを完全に理解し評価したかったですが、SUGOを走るのが初めてで比較できる条件がなかったのが今回のテストの難しい点でした。しかし、これまで私が実施したテストと違い、雨による中断がなかったことも含め、今回はいいテストができたと思います」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制…
  2. ハイパワーマシンには切っても切り離せない問題がダウフォースの獲得。カワサキは2000年のZX…
  3. 世に出ることなく開発途中で消えて行ってしまったマシンは数あれど、それが表に出てくることは滅多…
  4. オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリ…
ページ上部へ戻る