[REPSOL]MotoGP Rd.17 マルケス2位、ペドロサ3位で、チームタイトルを獲得

マルク・マルケスが20ポイントを獲得し、ホルヘ・ロレンソを13ポイントリードして最終戦の挑む。ダニ・ペドロサは日本GPで3位になり、レプソル・ホンダチームはチームタイトルを獲得した。

日本GPはマルク・マルケスとダニ・ペドロサがそれぞれ2位と3位で表彰台を獲得し終了した。レースはホルヘ・ロレンソが勝利した。この結果、マルケスはホルヘ・ロレンソと13ポイント差で総合トップを守り、今シーズンの最終レースでライバルが優勝しても4位に入ればシリーズチャンピオンとなる。

悪天候により不確実要素満載の2日間の後、今シーズン第17戦の決勝日は灼けるような陽射しのもと行われた。スタート時、ホルヘ・ロレンソがリードし、チームメイトのバレンティーノ・ロッシが背後を守り、マルク・マルケスとダニ・ペドロサがぴたりとつけていた。2周目のロッシのミスによってレプソル・ホンダチームのライダー達はロレンソの背後につくことができた。その時にはすでに1秒以上の差があった。すばらしいペースを見せつけて、両者は差を縮め、ロレンソに食らいついたが、抜くことはできなかった。レースの終盤ロレンソは再び距離を広げ優勝した。

タイトルは2週間後の今シーズン最終戦バレンシアで決められる。マルケスは13ポイントの差を保っていて、ルーキーシーズンでのチャンピオン獲得の3回目のチャンスとなる。今日のマルケスとペドロサの2位3位によって、レプソル・ホンダはチームチャンピオンを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る