【MotoGP】ヤマハライダーへの熱いご声援ありがとうございました!

2013 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第17戦「AirAsia日本グランプリ」第15回記念大会決勝レース。

J・ロレンソ選手(YAMAHA FACTORY RACING)が安定した走りで見事優勝をはたしました。

今大会でのJ・ロレンソ選手の優勝により、ヤマハはロードレース世界選手権最高峰クラスで通算200勝を達成しました。
ご声援ありがとうございました。

J・ロレンソ選手のホールショットで幕をあけた決勝レース、M・マルケス選手(H)と激しいトップ争いを演じたロレンソ選手は、終盤までペースを落とすことなく、力強い走りで今季7勝目を挙げました。

また、V・ロッシ選手は6位、Monster Yamaha Tech 3の#35/C・クラッチロー選手と#38/B・スミス選手は7位と8位でフィニッシュしました。

そしてワイルドカード枠で出場した、YAMAHA YSP RACING TEAMの中須賀克行選手は、11位でのフィニッシュとなりました。

ライダーズランキングポイント2位のJ・ロレンソ選手が優勝、ランキングポイントリーダーのM・マルケス選手が2位になったことで、2人のポイント差は13に縮まり、年間チャンピオンの行方は最終戦のバレンシアGP(決勝日:11月10日)へ持ち越されました。。

MotoGP世界選手権は次戦が最終戦!
みなさんの変わらぬ熱い声援をよろしくお願いいたします!!

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る