YAMAHA、「YZR-M1とロッシをつなぐエンジン制御エンジニア」公開。二輪世界最高峰レース「MotoGP」のエンジニアに焦点を当てたドキュメンタリームービー

スターライダーたちがしのぎを削り、エンジニアたちが1台のマシンに叡智を結集する二輪ロードレース世界最高峰の舞台MotoGP。今回はヤマハファクトリーライダーであるバレンティーノ・ロッシ選手の超人的なマシンコントロール能力を最大限に引き出すために、膨大なデータの分析に取り組みながら、絹のように繊細な制御をマシンに織り込み続けるエンジニアの姿を紹介します。

ヤマハドキュメンタリームービー Moving You Vol.5
「YZR-M1とロッシをつなぐエンジン制御エンジニア」

<MotoGPについて>
 MotoGPは、二輪ロードレース世界選手権の中で、最高峰クラスの位置づけとなるレースカテゴリー。最大排気量1,000cc以下の専用マシンで、世界各国のサーキットを転戦し、ライダーとマシンの速さを競うモータースポーツです。ヤマハはこの二輪ロードレース世界選手権に1961年から参戦を開始し、最高峰クラスとなるMotoGP(2001年以前はGP500)では、6人のチャンピオンを輩出し、ライダータイトルは16回、コンストラクタータイトルは13回獲得してきました。
なお、YZR-M1はヤマハがMotoGP参戦に向けて専用開発したファクトリーマシンで、呼称の「M」は技術開発を市販車にフィードバックする使命(Mission)とMotoGPでチャンピオンを獲得する使命(Mission)を示しています。

ヤマハ発動機MotoGP情報ページ
http://race.yamaha-motor.co.jp/motogp/

ヤマハ発動機レース情報ページ
http://global.yamaha-motor.com/jp/race/

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る