[HONDA]DAKAR メルズーガラリー2013 第6ステージ サンダーランド選手がメルズーガラリー2013で総合優勝。新型CRF450 RALLYはモロッコラリー2013に続き、デビューから2連勝

メルズーガラリー2013は、TEAM HRCのサム・サンダーランド選手が総合優勝を果たし、チームメートのエルダー・ロドリゲス選手が総合2位に入賞しました。この結果、Honda CRF450 RALLYのサクセスストーリーは続きました。

Hondaの新型CRF450 RALLYは、アフリカ大陸でのラリーデビューからいきなり、連続で総合優勝を果たしました。しかもモロッコラリー2013を含めて12ステージを戦って9勝と、圧倒的な強さで幸先のいいスタートを切っています。TEAM HRCはパウロ・ゴンサルヴェス選手(ポルトガル)がモロッコラリー2013で総合優勝を果たし、FIM クロスカントリーラリー世界選手権のタイトルを獲得したのがちょうど1週間前。今度は若きイギリス人ライダー、サンダーランド選手がメルズーガラリーで快挙を達成。これでアフリカでのテストは終了し、TEAM HRCとHonda CRF450 RALLYは、次は来年1月にアルゼンチンからスタートするダカールラリーに挑みます。

最終ステージは、エルフードからリサニ砂丘とシェビ砂丘を横断する72kmという短いルートで行われ、これ以上ないほど白熱した戦いが繰り広げられました。最初にフィニッシュラインを越えたのはサンダーランド選手。2度目のステージ優勝を飾ると同時に、第3ステージからのアドバンテージを守りきり、総合優勝を果たしました。

チームメートのロドリゲス選手は、サンダーランド選手に後れることわずか5秒という僅差で、ステージ2位を獲得。TEAM HRCは、メルズーガラリー初参戦にして4度の1-2フィニッシュを飾り、総合優勝、2位独占という快挙を成し遂げました。

コメント
◆#9 サム・サンダーランド選手(スペシャルステージ6 / 優勝、総合優勝)
「パーフェクトでした。ダカールを目の前に控えて、自信がつきました。今週は本当にうまくいきました。マシンは非の打ちどころがなく、チームも本当によくやってくれました。TEAM HRCが優勝、2位を独占できたことは、全員が同じ目標に向かって団結していたからこそです。レースを始めてからずいぶん経ちますが、こんなに幸せな気分は初めてです。ダカールに向けて、最高の形でアフリカ大陸をあとにすることができます。これで自信がつき、正しい方向に向かっていることが確信できましたので、今後もまい進していくのみです。先週からの2大会での勝利は、チームの団結力をさらに強める上で非常に重要であり、それに貢献できてとてもうれしく思います」

◆#7 エルダー・ロドリゲス選手(スペシャルステージ6 / 2位、総合2位)
「うれしいです。今日は2位でしたが、今大会では2度のステージ優勝を飾れましたし、なによりHondaが総合優勝できましたからね。リザルトも重要ですが、チームワークも忘れてはなりません。自分自身の調子もよく、2度のステージ優勝を果たせましたが、それもチームが本当によくやってくれたからこそです。マシンはよく走りますし、ダカールに向けていい経験になりました。チームとしていい結果が残せましたし、参戦できてよかったと思います」

◆山崎勝実 | TEAM HRC監督
「メルズーガラリーでも5度のステージ優勝を飾り、TEAM HRCにとって非常に有益な大会となりました。サンダーランド選手が今日のステージで優勝して総合優勝を果たし、ロドリゲス選手は2位フィニッシュで総合2位を獲得しましたし、なにも言うことはありません。ダカールにも期待が高まっています。応援ありがとうございました」

◆マルティーノ・ビアンキ | TEAM HRC ゼネラルマネージャー
「メルズーガラリー2013を総合優勝で飾ることができ、2カ月後にダカールを控えて本当に重要なテストとなりました。総合優勝、2位を独占できたことは、チームの総合力の証明です。チームづくりや団結心といった意味でも大切ですが、一緒に戦ったメカニックにとっても重要です。この優勝は彼らのものでもあります」

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る