[HONDA]DAKAR メルズーガラリー2013 第5ステージ TEAM HRCがメルズーガラリーで再び1-2フィニッシュ

メルズーガラリー2013の第5ステージは、TEAM HRCのエルダー・ロドリゲス選手とサム・サンダーランド選手が2度目の1-2フィニッシュを決め、この日のレースもHonda CRF450 RALLYが主役となりました。

シェビ大砂丘のふもとのキャンプで寒い一夜を過ごしたあと、連なる砂丘群、かなりのダスト、岩だらけの道が、ライダーを待ち受けるステージが再び始まりました。

マラソンステージの後半戦となる第5ステージは、ロドリゲス選手が見事優勝、サンダーランド選手が2位フィニッシュと、TEAM HRCにとってすばらしい結果となりました。

新型CRF450 RALLYで、第4ステージでの優勝を果たしたサンダーランド選手はこの日、トップでスタートし、先頭走行を続けていましたが、給油ポイントでチームメートのロドリゲス選手に追いつかれ、ランデブー走行のままフィニッシュしました。サンダーランド選手の総合首位は変わりません。

第3ステージでのチェックポイント不通過で、ペナルティーを科せられていたロドリゲス選手は、再検討の結果、実際には通過していたと判定されました。これに伴い、ペナルティーは取り消され、ロドリゲス選手は総合2位まで順位を上げました。

第6ステージ:ジュベル(山岳区間)
10月26日(土):エルフード 〜 メルズーガ 〜 エルフード
移動区間(リエゾン)57km、競技区間(スペシャルステージ)72km、移動区間(リエゾン)57km

ステージ名の「ジュベル」はアラビア語で「砂山」を意味する言葉で、今大会の最終日となる第6ステージを言い表しています。ル・マン方式でリサニ砂丘をスタートしたあと、非常に柔らかい砂との戦いになります。それを過ぎるとワジが現れ、メルズーガ湖沿いに“フルスロットル”セクションが続き、さらにシェビ大砂丘を20km進めば、フィニッシュを迎えます。

コメント
◆#7 エルダー・ロドリゲス選手(スペシャルステージ5 / 優勝、総合2位)
「ナビゲーションが大変でしたが、楽しいステージでした。前半の砂丘ステージは、サンダーランド選手が本当に果敢な走りでトップを守りました。後半に追いつき、フィニッシュまでランデブー走行を楽しみました。ナビゲーションもハンドリングも含め、楽しい時間を一緒に過ごせました。現在、総合では私が2位、サンダーランド選手が首位ですので、個人的にも、チームにとっても順調だと思います」

◆#9 サム・サンダーランド選手(スペシャルステージ5 / 2位、総合1位)
「すばらしい一日でした。このステージではちょっとしたトラブルがありました。特に大きな問題ではないのですが、マシンのテストこそが今大会の参戦目的なので、原因を確かめたいと思います。それ以外はとても順調です。マシンはすごく安定しています。ナビゲーションもうまくいっています。なにより自分自身が絶好調ですからね。今大会のようなレースにはまだまだ慣れる必要がありますが、日に日によくなっています。今日は砂丘、渓谷、オフロードでナビゲーションが多く、難しい場面もややありましたが、いい一日でした。給油ポイントまで1分のアドバンテージを保てたことはよかったと思います。そのあと、ロドリゲス選手に追いつかれましたが、ランデブー走行でいい時間を過ごせました。キャメルグラス越えのジャンプなども、とても楽しかったですね」

※レポートは、暫定リザルトに基づいて作成しています

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る