[HONDA]MotoGP Rd.17 予選 タイトル王手のマルケスは2番手、ペドロサは4番手から決勝に挑む

台風27号の影響で、初日のフリー走行がすべてキャンセルされた第17戦日本GPは、2日目も台風の影響が残り、午前中のフリー走行がキャンセルとなりました。しかし、台風27号が太平洋上を通過し、雨も小降りになったことで、午後は、走行時間を延長した特別スケジュールで予選が行われました。

MotoGPクラスは、午後2時から75分間、予選セッションが行われました。路面コンディションは、フルウエットで始まり、次第にグリップが向上。そのため、周回するごとにラップタイムが向上する状況となりました。その中で、Repsol Honda Teamのマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、何度もトップに浮上し、順調にセットアップを進めることに成功。その結果、マルケスが2番手、ペドロサが4番手と、決勝に向けてまずまずのグリッドを獲得しました。

MotoGPマシンでは初めてツインリンクもてぎを走るマルケスは、フリー走行がすべてキャンセルされたことで、大きなハンディキャップを背負うことになりました。しかし、着実にタイムを上げたマルケスは、今季14度目のフロントローを獲得し、念願のタイトル獲得に向けて絶好の位置から決勝に挑むことになりました。今大会、ポールポジション(PP)を獲得した総合2位のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)とは18点差。今大会、8点差以上でフィニッシュすると、念願のタイトル獲得となります。決勝日は、天候が回復する見込みで、タイトル決定戦はドライコンディションで行われることが予想されます。

総合3位でタイトル獲得の可能性を残すペドロサも、セッション中に何度もトップタイムをマークして、今季3度目のPP獲得に期待がふくらみました。しかし、ライバルたちがタイムを上げていったラスト10分間で、ペドロサもアタックしましたが、思うようにタイヤのパフォーマンスを引き出せず、4番手にダウン。2列目から決勝に挑みます。しかし、日本GPでは過去2連勝中で、今大会は3連覇が期待されています。

アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)は、快調にタイムを短縮しましたが、セッション終盤に転倒を喫し、7番手。第15戦マレーシアGPのフリー走行で右足くるぶしを骨折し、第16戦オーストラリアGPを欠場したステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)は、8番手から決勝に挑みます。CRTマシンで出場のブライアン・スターリング(GO & FUN Honda Gresini)は、PPタイムの107%という基準タイムをクリアすることができませんでした。

今大会は、マルケスが個人タイトル、Hondaはコンストラクターズタイトル、チームタイトルに王手をかけた大会となります。

Moto2クラスは60分間の予選セッションとなり、ミカ・カリオ(Marc VDS Racing Team)が今季初PPを獲得。以下、ザビエル・シメオン(Maptaq SAG Zelos Team)、ヨハン・ザルコ(Came Iodaracing Project)がフロントローを獲得しました。今大会は、MotoGPクラス同様、フリー走行がキャンセルされた影響で、ぶっつけ本番の予選となり、トップから1秒差以内に8台と、接戦が続くMoto2クラスとしては、珍しくタイムのばらけた展開となりました。

総合首位でタイトル王手のポル・エスパルガロ(Tuenti HP 40)は、トップから1秒差以内の7番手。前戦オーストラリアGPで左手首を骨折し、今大会を欠場する予定だったスコット・レディング(Marc VDS Racing Team)が15番手と健闘し、最終戦にタイトル決定戦を引き延ばす意気込みです。日本人勢は、代役出場の長島哲太(JiR Moto2)が16番手、初優勝を狙う中上貴晶(Italtrans Racing Team)はセッティングが決まらず23番手、ワイルドカードで出場の野左根航汰(Webike Team Norick NTS)は29番手、IDEMITSU Honda Team Asiaのアズラン・シャー・カマルザマンは27番手でした。

Moto3クラスは、ジャック・ミラー(Caretta Technology – RTG)が5番手。以下、アイザック・ビニャーレス(Ongetta-Centro Seta)、ニッコロ・アントネッリ(GO & FUN Gresini Moto3)、ワイルドカードで出場の尾野弘樹(Honda Team Asia)と続き、山田誓己(Team Plus One & Endurance)が10番手と、トップ10に5台のHonda勢が名前を連ねました。渡辺陽向(TASCA RACING)は12番手から決勝に挑みます。

コメント
◆マルク・マルケス(MotoGP 2番手)
「今日はいつもとは違う予選セッションになりました。今シーズンは、通常15分間の予選ですが、今日は走行時間がたくさんあり、昨年までのような予選となりました。ツインリンクもてぎをMotoGPマシンで走るのは初めてのことです。フリー走行はキャンセルされましたが、75分間の予選セッションとなりました。さらに、今回はマシンのセットアップをする時間もなく予選に挑むことになりました。フロントローを獲得するのが目標でしたが、それを達成することができました。明日はドライでレースができそうです。ウォームアップが延長されますし、いいセットアップを見つける時間があると思うので、どんなレースになるのか楽しみにしています」

◆ダニ・ペドロサ(MotoGP 4番手)
「本当に長い待ち時間でしたが、最後にようやく周回することができました。ウエットセッションでしたが、ベストを尽くそうとがんばりました。長い間、トップタイムでしたが、残り10分になったところで、それまで使っていたタイヤに問題が出ました。そのため、思ったように走ることができず、4番手に終わりました。明日はいいスタートを切れるようにがんばります。マシンとタイヤのパフォーマンスを引き出さなければなりません。どんな天気になるのか分かりませんが、ウォームアップでしっかり走ろうと思います」

◆アルバロ・バウティスタ(MotoGP 7番手)
「マシンの感触はとてもよかったのですが、転倒してしまい、残念でした。それがなければもっといいグリッドを獲得できたと思います。いいタイムを刻んでいたのですが、コーナーで少しラインを外し、水たまりに入ってしまいました。仕方ありません。明日はドライになればいいレースができる自信があります」

◆ステファン・ブラドル(MotoGP 8番手)
「いい予選でした。足首の動きがよかったのでうれしいです。先週のリハビリがかなり助けになりました。体調を考慮すれば今日の結果は満足いくものでした。セッションの前に痛み止めを打ちました。毎周、ペースを上げようとがんばりましたが、セッション終盤は路面が乾き始め、レインタイヤではラップタイムを更新することができませんでした。おかしな週末になりましたが、難しいコンディションの中で足首をテストすることができました。明日は晴れそうなので、ウォームアップがとても重要になります」

◆ブライアン・スターリング(MotoGP 基準タイム通過せず)
「1度のセッションしかなく、初めて走るツインリンクもてぎなので、時間が足りませんでした。苦戦した理由はそれだけではありません。コーナーでリアがかなりスライドしました。トラクションが全くありませんでした。今日は107%の基準タイムを超えられなかったので、明日、レースに出場させてもらえることを願うだけです」

◆ミカ・カリオ(Moto2 ポールポジション)
「終盤、路面コンディションはどんどん変わりました。最後にスリックタイヤに替えようか少し迷いました。そのため、少し待って路面の様子をみてから、再びレインタイヤで走ることにしました。ポールポジションを獲得できたことはうれしいです。しかし、明日が一番大事です。おそらくドライコンディションになると思います。チームメートのスコットのサポートができたらと思っています。今日、彼はがんばっていましたが、ドライになれば厳しい戦いになります。いいリザルトを残したいです」

◆ザビエル・シメオン(Moto2 2番手)
「信じられない週末でした。どうなるか分からないまま、待って、待って、待ちました。プラクティスでは、路面がどんどん乾き、感触もどんどんよくなりました。ベストを尽くしました。明日はいいレースができる自信があります」

◆ヨハン・ザルコ(Moto2 3番手)
「簡単ではありませんでしたが、路面が乾き始めてからは、とても速く走ることができました。ラストラップは、ポールポジションを獲得できそうなペースでした。ポールポジションを逃してしまったのは、前に遅いライダーがいて、クリアラップを取れなかったからです。明日は、ウエットでもドライでもいいレースができると思います。序盤でトップ3をキープすることができれば、いい戦いができると思います」

◆長島哲太(Moto2 16番手)
「とても楽しい一日でした。最後のアタックは、途中までベストタイムで走っていましたし、もし転ばなければシングルグリッドを獲得できたと思います。しかし、いいフィーリングなので、明日は全力で追い上げのレースに挑みます。目標は表彰台獲得です」

◆中上貴晶(Moto2 23番手)
「今日はセッティングがひどく、まるで走れませんでした。コーナーの進入で止めるのがやっとで、まともなコーナリングができませんでした。明日はドライコンディションになると思いますので、ウォームアップでしっかりセットアップして、追い上げのレースに挑みたいと思います」

◆ジャック・ミラー(Moto3 5番手)
「今日はいい一日でした。ようやく走ることができました。しかし、ぶっつけ本番の予選となりました。僕たちにとってはよかったと思いますし、2列目を獲得できました。もっといい結果を出したかったのですが、この状況では満足しなければなりません。ウエットレースになればうれしいですが、明日は天気がよくなっても、いいレースができると思います」

◆アイザック・ビニャーレス(Moto3 6番手)
「フリープラクティスを走れませんでしたが、1回しかない走行で、上位に入ることができて、とてもうれしいです。ウエットではかなり快適で、6番手を獲得できました。すばらしい仕事をしてくれたチームに感謝したいです。もし明日がドライになっても、いいレースができると思いますし、ウエットでもいいリズムがあるので、トップグループで戦えると思っています」

◆ニッコロ・アントネッリ(Moto3 7番手)
「いつもと違うスケジュールとコンディションだったので、集中するのがとても難しかったです。ウエットにもかかわらず、最初からプッシュしなければなりませんでした。最後は雨がさらに強くなり、路面は非常にトリッキーになりました。今回の結果はうれしいです。もしかしたら、もう少しいい結果を出せたかもしれません。それほどいい結果ではなくても、コンマ数秒速くなれたかもしれません」

◆尾野弘樹(Moto3 8番手)
「すごく緊張しました。アジア・ドリーム・カップとはまるで違いますし、いきなりの予選だったので、ドキドキしました。今日は思ったよりも路面のグリップがあり、3コーナーでハイサイドを喫しました。しかし、すぐにコースに復帰して、速い選手についてタイムを出すことができました。明日はシングルフィニッシュを狙って、全力で挑みます」

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る