[HONDA]DAKAR メルズーガラリー2013 第4ステージ Honda CRF450 RALLYを駆るサンダーランド選手がマラソンステージ前半戦で圧勝

TEAM HRCのサム・サンダーランド選手が、メルズーガラリー2013の第4ステージを文句なしの優勝で飾り、総合首位のポジションをキープしました。チームメートのエルダー・ロドリゲス選手は、ステージ2位でフィニッシュしました。

2日にわたって行われるマラソンステージの前半戦となったこの日は、TEAM HRCの両ライダーにとって最高の結果となりました。サンダーランド選手は2番手からスタートし、新型CRF450 RALLYでのステージ優勝を狙って、すぐに前日のステージ覇者をパスしたあと、200km以上にわたって独走。249kmをナビゲーションのミスなく走りきり、2位以下に圧倒的な差をつけてフィニッシュしました。

前日のミスで30分のペナルティーを科せられたロドリゲス選手は、この日は7番手スタートから追い上げを図る形となりました。しかし、チームメートであるサンダーランド選手のペースについていけず、6分49秒遅れで2位に甘んじることになりましたが、TEAM HRCの2人のライダーにとって申し分ないステージであったことは間違いありません。3位に15分以上の差をつけてフィニッシュしたロドリゲス選手は、現在総合5位につけています。

マラソンステージ前半を終え、メルズーガ砂丘のキャンプに戻ったあと、マシン整備を受けることはできません。ライダーは、特別に用意されたハンモックで睡眠をとり、翌日のマラソンステージ後半戦に備えます。

◎第5ステージ:ナクラ
10月25日(金):メルズーガ 〜 エルフード
競技区間(スペシャルステージ)259km

砂漠でのビバークで一夜を過ごしたあと、ライダーはマシン整備を受けないまま、マラソンステージ後半戦に臨みます。フィニッシュ地点のエルフードまで、いくつものオフトラックと砂漠の横断がライダーを待ち構えています。チェックポイント2を過ぎたあとのステージ後半は、砂の浮いたフラットな高速セクションとなります。

コメント
◆#9 サム・サンダーランド選手(スペシャルステージ4 / 優勝、総合1位)
「今日はすばらしい一日でした。2番手スタートで、最初からステージ優勝を狙っていました。ナビゲーションでミスをしないように気をつけながら、精一杯に攻めました。ロドリゲス選手もステージ優勝を狙っていたことは分かっていましたが、最高のマシンが与えられていながら、まだ優勝がありませんでしたので、全力を尽くしました。ステージ優勝を飾ることができ、総合でも首位固めができて、心から喜んでいます」

◆#7 エルダー・ロドリゲス選手(スペシャルステージ4 / 2位、総合5位)
「簡単にはいきませんね。本当はステージ優勝をしたかったのですが、それはサンダーランド選手も同じだと思います。今日の彼は本当に速く、ニューマシンで初勝利を飾れてよかったと思います。言い訳ではないのですが、50kmを過ぎた地点でキャップリピーターが動かなくなり、そのままレースを続けるしかありませんでした。なにが起きたのかを確かめたいと思います」

※レポートは、暫定リザルトに基づいて作成しています

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る