200psで155kg!究極のドゥカティ「1199スーパーレッジェーラ」誕生!

ドゥカティから最新最強の特別限定モデル、「1199スーパーレッジェーラ」が発表された。
「スーパーレッジェーラ」とはイタリア語で“超軽量”の意味。開発のベースとなった「1199パニガーレR」自体、プレミアムモデルであるが、これに加えてマグネシウム製モノコックフレームとマルケジーニ製鍛造マグネシウム製ホイールで軽量化を図りつつ、さらにカーボンファイバー製のサブフレームとボディワークにオールチタン製フルエグゾースト、そしてリチウムイオンバッテリーにボルト&ナットに至るまでチタン製として極限まで軽さにこだわっているのが特徴だ。

ピストンには通常スーパーバイクレーサーに用いられる超ショートスカートと2本タイプのピストンリングが与えられ、重量とフリクションを劇的に削減。加えてスーパーバイク仕様のピストントップ形状による圧縮比の向上やタングステン製ウェイトを追加した超軽量クランクシャフトなどにより、200psを超えるパワーと155kgの乾燥重量を実現(イタリア本国仕様)。これはSTDのパニガーレと比べると5psのパワーアップと15kgの軽量化を果たしたことになり、結果として市販モーターサイクル史上最高のパワー・ウェイト・レシオを獲得するに至った。

さらに心臓部であるスーパークアドロエンジンもさらに強化されている。「R」で投入されたチタン製コンロッドとインレットバルブに加え、今回さらにエグゾーストバルブにもチタンが採用された。

また、足回りはビレットフォークボトム付オーリンズ製FL916フロントフォークに、チタニウムスプリングを採用するオーリンズ製TTX36リアサスを装備。ブレンボ製M50モノブロック・ブレーキキャリパには、レーシングスタイルのMCS 19-21フロント・マスターシリンダーとリモートアジャスターを組み合わせるなど、すべてのコンポーネンツに最高グレードのパーツが奢られている点も見逃せない。

価格も超絶で、日本での希望小売価格は6,513,889円(消費税5%適用)、 6,700,000円(消費税8%適用)。納車予定は 2014年5月以降となっている。なお、「1199スーパーレッジェーラ」は11月にイタリアのミラノで開催されるEICMAにてお披露目される予定だが、500台の限定生産のうち75%が既に販売済みとのこと。

この機会に究極のドゥカティを手に入れたい人は、予約を急いだほうが良さそうだ!

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【新車】DUCATI、1199スーパーレッジェーラ、販売価格を追加発表
【フォトギャラリー】DUCATI 1199スーパーレッジェーラを発表

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る