MotoGP Rd.17 日本GP:プレスカンファレンス

環太平洋3連戦の3戦目、シーズン17戦目の開幕を前日に控えた中、史上最年少のタイトル獲得に王手をかけたポイントリーダーのマルケスとランク2位のロレンソが出席。ヤマハ発動機の本社を訪れたランク4位のロッシ、CRT勢を代表してホームレースを迎える青山、中量級のタイトル獲得に王手をかけたランク1位のエスパルガロ、地元出身の中上も同席した。

第17戦日本GPのプレスカンファレンスは24日、ツインリンクもてぎ内のプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役6名が出席した。

前戦オーストラリアGPで史上最年少のタイトル獲得に挑みながら、新品タイヤを装着したバイクの交換規定周回数を誤り、失格となったポイントリーダーのマルク・マルケスは、「別のレース。違うことを期待する。僕たちは人であり、みんな間違いを犯してしまう。大切なのは、チームが今までになく、モチベーションが高まっていること。」

「週末の展開を見てみよう。フィリップアイランドでも言ったように、重要なのはチャンピオンシップを勝つことであり、場所は重要ではない。大切な2レースが残っていて、優勝、表彰台争いがしたい」と、心境を説明。

前戦の優勝で18ポイント差に接近したランク2位のホルヘ・ロレンソは、「オーストラリアのレース前、僕たちはほぼチャンピオンシップを失っていた。マルクと彼のチームがミスを犯したけど、チャンピオンシップは僕たちの手中にない。非常に難しいけど、新たな機会がある。最高の手段で持ち札を切らないと。天候は、僕たちを有利、もしくは不利にするかもしれない。」

「過去、僕たちはここでグッドなリザルトを獲得したけど、ブレーキングという点から難しいグランプリになるかもしれない。通常、それは僕たちのストロングポイントではないけど、幸運にも他の要因を活かせる。コーナリングと加速は良い。この2年間は連続2位だったから、どうなるか見てみよう」と、新たな機会に臨む姿勢を見せた。

ランク4位がほぼ獲得したバレンティーノ・ロッシは、2001年と2008に優勝した舞台を迎え、「シーズンがほぼ終わり、2戦が残っているだけ。チャンピオンシップは非常に難しかった。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る