ヤマハ、MotoGP V・ロッシ選手スペシャルインタビュー

YAMAHA FACTORY RACINGの、J・ロレンソ選手/V・ロッシ選手。そしてMonster Yamaha Tech 3のC・クラッチロー選手/B・スミス選手のスペシャルインタビューを敢行!今回はトップライダーのプライベートにせまってみました! いずれも「日本GPスペシャルサイト」だけの独占インタビューです!是非チェックしてくださいね。

バイクを始めたきっかけは?
◆V・ロッシ:子どもの頃からバイクは僕の生活の中で一番大事なものだよ。バイクに乗って感じる感情はいつも同じ。いつまでもずっと乗っていたいって感じ! 四輪のレースも楽しいけど、今はバイクレースが一番さ。

もしモトGPライダーになっていなかったら、何になっていたと思いますか?
◆V・ロッシ:スポーツマンじゃないかな。何かプロのアスリートになってたと思う。僕はいつも挑戦していたいから。まぁ、普通に働くのとは違う職業がいいね!

プライベートでもバイクに乗ったりするんですか?
◆V・ロッシ:これはすべてのライダーの夢だと思うんだけど、自宅にプライベートトラックがあるんだ。タブリアにあるトラックは僕も建設から関わったんだ。プロのライダーはトレーニングをするものだけど、僕はいつもそのトラックでモトクロスバイクに乗ってトレーニングをするんだ。フラットトラックなんだけど、ちょっと変わっていて、楕円のトラックに、左コーナー、右コーナー、スロープ、ジャンプもあって、すごく面白い練習ができるんだ。いろんなライダーが来るけど、みんな「クールだね!」って言ってくれる。嬉しいよね。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  2. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  3. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
  4. ホンダは、ビジネスやパーソナルユースなど、幅広い用途で支持されている「スーパーカブ50」「ス…
ページ上部へ戻る