ドゥカティ・チームが日本に到着!最終戦まであと2戦となるMotoGP日本グランプリ表彰台を狙う

ドゥカティ・チームは、2週連続で開催されたマレーシアおよびオーストラリアGPを終え、アジア太平洋地域での3連戦の最後となる日本GPに向けて準備を開始した。MotoGP世界選手権は、日本GPを終了すると、最終戦(バレンシア)を残すのみとなる。
1999年から世界選手権が開催されているツインリンクもてぎ(2000年〜2003年はパシフィックGPと呼ばれていた)は、数多くの長いストレートの直後にタイトコーナーが続く異例のレイアウトで知られ、マシンのブレーキ性能と加速性能が試されるコースである。

過去にドゥカティ・チームは、ロリス・カピロッシとケーシー・ストーナーの活躍により、モテギで4勝を挙げている。また、2007年には、ケーシー・ストーナーがワールド・チャンピオンのタイトルを決めたサーキットでもある。アンドレア・ドヴィツィオーゾはこのサーキットを得意とし、参戦した全3クラスで表彰台に上がっている(2004年の125ccクラスでの優勝を含む)。

◆アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・モトGPチーム)
「モテギは好きなサーキットだが、気温に注意しなければならない。今年は、例年よりも寒いようだ。マシンの状態は、マレーシアやオーストラリアよりも少し良くなっていると思う。なんとか、トップグループとの差を詰めたい。モテギでのリザルトに関しては、過去に2位に入ったことがある。唯一ポールポジションを取ったのもこのサーキットだ。」

◆ニッキー・ヘイデン(ドゥカティ・モトGPチーム)
「今回は特別なレースだ。日本には多くの伝統と歴史があり、一生懸命応援してくれる素晴らしいファンの方々がいる。モテギは得意なコースではなく、いつも手こずっているので、困難なレースとなるだろう。ストップ・アンド・ゴーを繰り返すコースレイアウトのため、バイクがウィリーする傾向にあり、ドゥカティの強大なパワーのアドバンテージを活かすのに苦労するサーキットだ。」

◆ヴィットリアーノ・グアレスキ(チーム・マネージャー)
「モテギは、マシンのセッティングとブレーキにかかる負荷の両面で、異例のサーキットだ。長い高速コーナーが多いフィリップアイランドに対して、モテギのレイアウトはストップ・アンド・ゴーが多いため、フィリップアイランドで採用したセットアップとはかなり異なるものとなるだろう。そのため、モテギのサーキットに適した、加速を重視したセットアップを見つけることが重要となる。また、気温が下がったり、雨が降ったりすることも予想されるので、万全の準備をしたい。」

=ツインリンクもてぎのデータ=
■コースレコード:ダニ・ペドロサ(ホンダ– 2011)、1:46.090 – 162.914 Km/h
・ベストポール:ホルヘ・ロレンツォ(ヤマハ – 2012)、1:44.969 – 164.654 Km/h
・サーキット長:4.801 km
・2013 MotoGPレース:24ラップ(115.224 km)
・2013 MotoGPスタート時間:2:00 p.m. 現地時間

■2012表彰台
1位 ダニ・ペドロサ(ホンダ)
2位 ホルヘ・ロレンツォ(ヤマハ)
3位 アルバロ・バウティスタ(ホンダ)

■2012ポールポジション:ホルヘ・ロレンツォ(ヤマハ)1:44.969 – 164.654 Km/h

◆モテギにおけるドゥカティ・チームの戦歴(最高位)
2012:7位(ロッシ)
2011:7位(ヘイデン)
2010:1位(ストーナー)
2009:4位(ストーナー)
2008:2位(ストーナー)
2007:1位(カピロッシ)
2006:1位(カピロッシ)
2005:1位(カピロッシ)
2004:リタイア

=ドゥカティ・チーム – ライダー情報=

◆アンドレア・ドヴィツィオーゾ◆
・マシン:ドゥカティ・チーム・デスモセディチGP13
・ゼッケン:04
・年齢:27(1986年3月23日、イタリア、フォルリンポーポリ生まれ)
・居住地:フォルリ(イタリア)
・GP出場回数:202回(MotoGP:103回、250cc:49回、125cc:49回)
・GP初参戦:2001イタリアGP(125cc)
・優勝回数:10回(MotoGP:1回、250cc:4回、125cc:5回)
・GP初優勝:2004南アフリカGP(125cc)
・ポールポジション:14回(MotoGP:1回、250cc:4回、125cc:9回)
・初ポールポジション:2003フランスGP(125cc)
・ワールド・チャンピオン:1回(125cc)

◆モテギにおけるドヴィツィオーゾのMotoGPリザルト
2012:予選6位、決勝4位
2011:予選3位、決勝5位
2010:予選1位、決勝2位
2009:予選7位、決勝5位
2008:予選13位、決勝9位

◆モテギにおけるドヴィツィオーゾの250ccリザルト
2007:予選2位、決勝2位
2006:予選2位、決勝4位
2005:予選5位、決勝6位

◆モテギにおけるドヴィツィオーゾの125ccリザルト
2004:予選1位、決勝1位
2003:予選5位、決勝3位
2002:予選5位、決勝リタイア

◆ニッキー・ヘイデン◆
・マシン:ドゥカティ・チーム・デスモセディチGP13
・ゼッケン:69
・年齢:32(1981年6月30日、米国ケンタッキー州オーエンズボロ生まれ)
・居住地:オーエンズボロ(米国ケンタッキー州)
・GP出場回数:182回(MotoGP:182回)
・GP初参戦:2003日本GP(MotoGP)
・優勝回数:3回(MotoGP:3回)
・GP初勝利:2005アメリカGP(MotoGP)
・ポールポジション:5回(MotoGP:5回)
・初ポールポジション:2005アメリカGP(MotoGP)
・ワールド・チャンピオン:1回(2006 MotoGP)

◆モテギにおけるヘイデンのMotoGPリザルト
2012:予選10位、決勝8位
2011:予選10位、決勝7位
2010:予選11位、決勝12位
2009:予選12位、決勝リタイア
2008:予選3位、決勝5位
2007:予選3位、決勝9位
2006:予選7位、決勝5位
2005:予選6位、決勝7位
2004:予選9位、決勝リタイア

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る