[BRIDGESTONE]JMX IA1 Rd.9 小島庸平選手はアクシデントでタイトルを逸する。平田 優選手が3位表彰台を獲得しランキングも3位。小島はランキング4位。

2013MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦(最終戦) 第51回MFJ-GPモトクロス大会は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。

5月の第4戦に続く今季2度目の大会は、全9戦で争われてきた今シーズンを締め括るファイナルレース。コース上は掘り返しなど入念なメインテナンスが施されて大会を迎えたが、大会期間中は土曜日が終日曇り。決勝が行われた日曜日は未明から小雨が降り始め、午後には本降りとなって終日降り続けた。

この結果、アップダウンや大小のコーナー、ビッグジャンプ、コンビネーションジャンプ、ルンバルンバと呼ばれるフープスなど多彩でダイナミックなレイアウトが特徴のコースは、軟質からマディへとなり、最後はマシンの色も判別出来ないほど泥々のレースとなる。それでも、ほぼ全クラスのタイトル争いが最終戦に持ち込まれたこともあり、公式発表で3870人の観客が訪れ激しいバトルを楽しんだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  2. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  3. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
  4. ライフスタイルエッセイストの小林夕里子がプロデュースする、「モーターサイクル×アウトドアをも…
ページ上部へ戻る