MotoGP D.ペドロサ、タイトル争いに踏みとどまる2位進出

バイク交換が義務付けられたレースの中、誰よりも早くピットインを決断したペドロサが2位に進出。アラゴンでの転倒リタイヤでタイトル獲得が絶望的に思われたが、一気に34ポイント差に接近。2年連続優勝の日本に向けて、可能性を自ら引き寄せた。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、5番グリッドから2位。今季11度目の表彰台を獲得して、ポイントリーダーとのポイントギャップを54ポイント差から34ポイント差に接近。昨年2年連続の優勝を挙げた次戦日本GPを前に、タイトル争いに踏みとどまった。

ウォームアップ走行で3番手だった後、2列目から迎えた決勝レースでは、スタートで3番手に浮上。ホルヘ・ロレンソ、マルク・マルケスを追走すると、9ラップ目に誰よりも早くピットインを決断。バイク交換後もロレンソを追いかけて、2位に進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す ヤマハ発動機は、7月26-29日に鈴鹿サーキットで行…
  2. 新モデル「FTR1200」の生産開始を発表 インディアンモーターサイクルは、フラット・トラ…
  3. ▲昨年のJSB1000クラス レースシーン 「Enjoy Honda 2018ツインリンクもて…
  4. 卒業生の野左根・上和田に続き、チームノリックの底力を見せつける ■大会名:2018全日本ス…
ページ上部へ戻る