MotoGP 第16戦 オーストラリアGP フリー走行1:J.ロレンソが今季8度目の1番時計発進

昨年最高峰クラスで2度目のタイトル獲得に成功したサーキットに戻って来たランク2位のロレンソが、カタール、ヘレス、カタルーニャ、アッセン、ザクセンリンク、ブルノ、アラゴンに続き、1番手発進を決めれば、ポイントリーダーのマルケスが僅少さの2番手。バウティスタ、ペドロサ、ロッシが続き、青山が14番手、CRT勢の4番手に進出。負傷から復帰したブラドルは20番手だった。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行1は18日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。
気温15度。路面温度24度のドライコンディションの中、ロレンソは、3度のコースインで20ラップを周回すると1分30秒台を4回、1分29秒台を最多の10回記録。1分29秒167の1番時計を刻んだ。

ポイントリーダーのマルク・マルケスも3度のコースインで20ラップを周回。1分30秒台を5回、1分29秒台を6回記録して、0.088秒差の2番手。ランク6位のアルバロ・バウティスタは、1分30秒台を最多の10回、1分29秒台を1回記録して、0.664秒の3番手。前戦マレーシアGPで今季3勝目を挙げたランク3位のダニ・ペドロサは、1分30秒台を4回記録して、0.841秒差の4番手。

関連記事

編集部おすすめ

  1. スポーティなアドベンチャーモデルとして定評あるMT-09トレーサーが、’18年型で「トレーサ…
  2. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
  3. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  4. NEXCO東日本北海道支社は、北海道胆振東部地震からの観光復興応援として、より多くの人がお得…
ページ上部へ戻る