Harley-Davidson、「ストリートグライド 他」全6車種クラッチのリコール

リコール開始日:平成25年10月18日

【不具合の部位】クラッチ

【不具合の内容】
1. 油圧式クラッチにおいて、マスターシリンダーの設計が不適切なため、気泡の入りやすい構造になっている。また、誤品のクラッチプレートを取り付けたものがあるため、クラッチが切れにくくなり、変速できずに、最悪の場合、減速時に転倒したりエンストするおそれがある。

2.油圧式クラッチにおいて、誤品のクラッチプレートを取り付けたものがあるため、クラッチが切れにくくなり、変速できずに、最悪の場合、減速時に転倒したりエンストするおそれがある。

【改善の内容】
1.マスターシリンダーの内部部品を対策部品に交換後、クラッチプレートを点検して、誤品が取り付けられている場合には、正規品と交換する。
2.クラッチプレートを点検して、誤品が取り付けられている場合には、正規品と交換する。

【使用者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメール等で通知する。
・自動車分解整備事業者:全ての使用者を把握しているため、日整連発行の機関紙へは 掲載しない。
・改善実施済車には、フレームネック部分に外−1976 のステッカーを貼付する。

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】

■お問い合わせ先
ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社 カスタマーサービス
TEL 0800-080-8080

関連記事

編集部おすすめ

  1. バイクポータルサイトのウェビックは、8月19日(日)に「WebikeCAFE Meeting…
  2. 2015年の登場から4年目を迎えたYZF-R1M。その戦闘力は現在においても未だ最強クラスだ…
  3. 2018年7月23~24日、ツインリンクもてぎで新型フォルツァ(250)の試乗会が開催された…
  4. ▲ホンダ NSR250R SE(MC28) ※画像はすべて参考画像。当日の試乗車と仕様が異なる…
ページ上部へ戻る