MotoGP 第16戦 オーストラリアGP:プレスカンファレンス

環太平洋3連戦の2戦目となるシーズン16戦目の開幕を前日に控えた中、タイトル獲得に王手をかけたポイントリーダーのマルケスと最終戦までタイトル争いを持ち込みたいランク2位のロレンソ、ランク3位のペドロサが揃って共同会見に出席。サテライト勢の最高位を目指すランク5位のクラッチロー、逆転タイトル獲得を狙う中量級ランク2位のエスパルガロ、地元を代表して軽量級のミラーが同席した。

第16戦オーストラリアGPのプレスカンファレンスは17日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキット内のプレスカンファレンスルームで行われ、週末の主役6名が出席した。

タイトル獲得に王手をかけたポイントリーダーのマルク・マルケスは、「確かに今回が初チャンスとなるけど、非常に難しいと思う。ホルヘは昨年非常に速かった。2位でフィニッシュしたけど、誰もがここでのケーシーを知っている。重要なのは何時ではなく、トライすること。週末に集中する。仕事に集中して、優勝争い、表彰台争い、もしかしたら、単にポイントを稼ぐだけになるのか見てみよう。」

「ここでMotoGPマシンを走らせたい。エキサイティングだろう。高速コーナーが楽しみだ。昨年のビデオを観た。ケーシーは信じられない走行ラインで走っていたから、MotoGPマシンでどのように走らせられるか見てみたい」と、当地で6連勝の達成した元王者ケーシー・ストーナーの走りを研究したことを明かした。

43ポイント差のランク2位、ホルヘ・ロレンソは、「この2戦はベストではなかった。勝ちたかった。マルクの前でフィニッシュしたかった。アラゴンで全力を尽くし、セパンでは期待以上に悪かったけど、もう過ぎたこと。過去のことを考えることはできない。僕たちはフィリップアイランドにいる。状況とトラックが異なる。優勝に向けて全力を尽くそう。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る