[HONDA]DAKAR モロッコラリー2013 第1ステージ ホアン・バレダ選手が新型CRF450 RALLYでステージ優勝

モロッコラリー第1ステージは、スタートからフィニッシュまで猛烈なペースで駆け抜けたホアン・バレダ選手(TEAM HRC)が制し、世界選手権に華々しいカムバックを果たしました。TEAM HRCのHonda CRF450 RALLYは、ステージ優勝に加え、パウロ・ゴンカルベス選手が3位、エルダー・ロドリゲス選手が4位、ハビエル・ピゾリト選手が6位、サム・サンダーランド選手が7位と、出走車両5台がすべて7位までに入るという幸先のいいスタートを切りました。

大会初日から手を抜くラリーライダーはいません。バレダ選手も明らかにステージ優勝を狙っていました。序盤、シェガガ砂丘の横断中にわずかなミスを犯したものの、そのあとはハイペースで刻み、2番手を3分以上も引き離して総合首位でフィニッシュしました。

ゴンカルベス選手は、いいポジションからスタートしたものの、先行ライダーが巻き上げるダストに苦しめられました。それにもかかわらず、マシンを確実に乗りこなし、ハイペースを維持。その結果、3位でフィニッシュし、2014年型のCRF450 RALLYのポテンシャルの高さを証明しました。

最初のチェックポイントでは、バレダ選手、ロドリゲス選手、ゴンカルベス選手の3人のHRCライダーがトップ3を独占。しかし、ロドリゲス選手は、まだ大会初日であることを考えてリスクを避け、バレダ選手から6分13秒遅れの4位でフィニッシュしました。

ピゾリト選手は6位フィニッシュでしたが、マシンのパフォーマンスについては称賛の言葉しかありませんでした。後方からのスタートで、先行ライダーが巻き上げるダストに耐えることを余儀なくされたため、非常に堅実な走りに徹しました。サンダーランド選手もすばらしい走りをみせ、ロスを最小限に抑えました。バレダ選手から遅れること11分9秒、ピゾリト選手とはわずか約30秒差でフィニッシュしました。

第2ステージ:山岳区間
移動区間(リエゾン)49km、競技区間(スペシャルステージ)240km、移動区間(リエゾン)9km
第1ステージとは打って変わって、クレバーな走りが要求されるテクニカルなコースがライダーを待ち受けます。数km地点から最初の山に入り、頂上付近にズグイルマ駐屯地があります。下りは何本もワダチが平行してあるため、ライダーは注意が必要です。チェックポイント1のあと、次の山に続く道をロードブックで確認した方がいいと思われます。山頂からの眺めは圧巻ですが、ライダーは絶景を楽しむ時間はありません。そのあと、狭いつづら折りを下りきるとワジが現れます。フィニッシュ前には、カーブの多いテクニカルな高速セクションがあり、ライダーの腕の見せどころです。

コメント
◆#23 ホアン・バレダ選手(スペシャルステージ1 / 優勝、総合1位)
「実際、このステージの結果にはとても満足しています。まだまだ先は長いですが、なんとかいいリズムを保てました。砂丘でちょっとしたミスをして、1kmも引き返す羽目になりましたが、GPSでミスにすぐに気づいたのはラッキーでした。そのあとは終始ハイペースでレースを進めることができました」

◆#2 パウロ・ゴンカルベス選手(スペシャルステージ1 / 3位、総合3位)
「かなり難しいライディングを強いられましたが、2番手走行で助かりました。今日最大の収穫は、最後まで走り抜くことができたことです。これで、明日以降のステージに自信を持って臨めます。新型CRF450 RALLYの仕上がりは完ぺきで、申し分ありません。日を追うごとに気に入っています。抜群の相性なので、明日以降もうまくいくと思います」

◆#5 エルダー・ロドリゲス選手(スペシャルステージ1 / 4位、総合4位)
「まだ大会初日ですし、これまでのところ非常に順調だと思います。初日だからというわけではありませんが、積極的に攻めました。幸い、首位との差は大きく開いていませんし、まずまずの総合順位でフィニッシュできてよかったと思います」

◆#11 ハビエル・ピゾリト選手(スペシャルステージ1 / 6位、総合6位)
「今日のステージにはとても満足しています。マシンはとてもいい感じです。新型CRF450 RALLYは、旧型から確実に改善されており、かなりいけそうな感じです。レースにもマシンにも徐々に慣れてきていますので、いい成績を残したいと思います」

◆#6 サム・サンダーランド選手(スペシャルステージ1 /7位、総合7位)
「いい一日でした。ダストの中でも安定したペースを守れました。マシンは順調です。ナビゲーションに重点を置き、ダストに巻き込まれないようにしながら、危険を避けて安全な走りに徹しました。特に問題はなく、全体としては十分満足しています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る