清成龍一、右肩靭帯損傷と診断され、BSB最終戦も欠場

トレーニング中に右肩を強打し、参戦中のブリティッシュスーパーバイク選手権シリーズ第11戦を欠場した清成龍一。イギリスの自宅付近の病院、そしてシリーズ専属ドクターの診断は肩の炎症程度だったが、肩の痛みは取れず、ロンドン市内の病院で診断を受けました。その結果、右肩靭帯損傷と診断された。また、かなりの量の内出血が認められ、また亜脱臼している可能性もあると診断。チームと協議をした結果、10月18日から20日に開催される同シリーズ最終戦も欠場することになりました。

亜脱臼については、さらに精密な検査が必要との事で、清成は早急に帰国をし、日本での治療に専念する予定です。

コメント
◆清成龍一
「チーム、スポンサー、そしてHondaに多大なるご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。こんな状態でシーズンを終えなければならなくなり、本当に悔しい思いでいっぱいです。応援してくれているファンの皆様にもお詫びを申し上げます。アレックス(ロウズ)のタイトルがかかった最終戦で援護できないことが残念です。彼がタイトルを獲得できることを願っています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る