【MotoGP】ペドロサが後輩マルケスに見せつけた「意地」の優勝

気魄(きはく)と根性でもぎ取った勝利だ。
第15戦マレーシアGPで、2列目5番グリッドから決勝レースを迎えたダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)は、スタートを決めて1コーナーに2番手で飛び込んでいくと、5周目にはトップに立った。以後の周回では追いすがろうとするマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)をじわじわと引き離して振り切り、第4戦フランスGP以来の今季3勝目を挙げた。

今回のペドロサは、なんとしてでもマルケスの前でチェッカーフラッグを受けなければならない理由があった。前戦アラゴンGPの決勝レースで、後方から接近したマルケスがペドロサにごくわずかに接触してしまった際、ペドロサが転倒しリタイアするというアクシデントがあったからだ。

原因は、ペドロサのマシンの後輪の「速度センサーケーブル」が切断されてしまい、トラクションコントロールが効かなくなって、一瞬のうちにマシンから振り飛ばされる、というものだった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る