【新車】テラモーターズ、原付2種電動スクーター「SEED60R」を発表

電動バイクの開発・製造・販売を行うテラモーターズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:徳重 徹、以下テラモーターズ)は10月1日、原付き2種電動バイク「SEED 60R」を発表致しました。2人乗りもでき、2段階右折も必要ございません。

電動バイクのベストセラーモデルSEEDに待望のハイパワーモデルが加わります。新型のコントローラー・モーターは、定格800W(黄色ナンバー)の最高出力2400Wを発揮します。登坂能力は15℃、最高速度58km/hを達成、加えて原付2種としては驚異の低価格を実現しております。

足元では、2013年1〜8月の国内二輪車販売台数の累計が、原付二種以上の自動二輪車が好調で30万5,529台(前年比2.7%増)となっており、また、日本自動車工業会、二輪車特別委員会による125cc免許の取得負担軽減の動きもあります。このような状況を鑑みて、原付き2種電動バイクにお客様ニーズがあると考え、製品の投入を決定致しました。
今後も、市場の動きに迅速に対応し、お客様のニーズに合った製品の開発・販売を迅速に進めて参ります。

【SEED 60R】
■車両本体価格:160,900円(税込)・充電器:18,900円(税込)
■区分:第2種原動機付自転車(黄色ナンバー)

■最高速度:58km/h
■前輪ブレーキ:ディスクブレーキ
■バッテリー電圧・容量:12V20Ah×5
■モーター出力:800W
>>SEED スペック・機能詳細はこちら

◆静かな走行音:ガソリンバイクと違い、電動バイクは走行音がとっても静か。
◆CO2排出量0:電動バイクは、走行中にCO2を一切出しません。地球にやさしいエコな乗り物です。
◆お財布にやさしい:電動バイクは1回の充電がわずか30円。
◆快適な運転:電動バイクは、走行中に振動が一切ないため、運転しても疲れません。

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る