カナダから大型3輪バイクが日本上陸!

カナダ・BRP社の3輪モーターサイクル「Can-Am スパイダー ロードスター」のツーリングモデル「スパイダー RT」が11月より日本で販売される。普通免許で運転できるのが特徴で、2輪車の開放感とクルマの安定感を併せ持つらしい。
スパイダー RTは、フロント2輪、リヤ1輪構造の「Y-アーキテクチャー」を採用した3輪モーターサイクルの位置づけである。

エンジンはロータックス製の直列3気筒1330ccで最大出力115psを発揮。マニュアル式6速トランスミッションとバックギアも備えている。ボッシュと共同開発したABSをはじめ、トラクションコントロールシステム、スタビリティコントロールシステム、セミオートマチックトランスミッション、リバース、ダイナミックパワーステアリング、クルーズコントロールなどの4輪車用テクノロジーがふんだんに盛り込まれている。

また、燃費も日本仕様は大幅に向上し、満タン(タンク容量26リットル)で406kmの連続走行が可能。さらに、iPod 接続ケーブルと同乗者専用オーディオコントロールを装備した FM オーディオシステム、電子クルーズコントロールや運転者用ヒートグリップ、調整可能な電動フロントガラス、新型ECOモードスマートアシストシステムにより(最大燃費効率でのギア選択を表示)などの先進の電子デバイスが導入されている点も見逃せない。

価格は標準モデルの「スパイダーRT」が194万4500円、電子式リアエアコントロールサスペンションなどを備えた「スパイダーRT-S」が267万7500円、クロームホイールや特別シートなどを装備した最上級モデルの「スパイダーRTリミテッド」が290万8500円とのこと。

BRP社では日本が北米以外で最大のマーケットになると予想し、正規販売店を半年間で現在の13店から20店に拡大する予定という。11月下旬までの週末に関東、中部、関西の3大都市圏で試乗会も開催されるようだ。

BRP社はスノーモービルやジェットスキー、ATVおよびサイド・バイ・サイドなどのパワースポーツビークルを世界105カ国において展開しているグローバル企業。過去から現在において、日本では「スリー・ホイーラー」が大ブームになったことはないが、今回はかなり本格的な予感。どういうマーケティング戦略を仕掛けてくるか期待したい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】BRP、三輪バイク「Can-Am Spyder ロードスター」を日本市場に投入
◆BRP、普免で運転できる三輪モーターサイクルを日本市場に投入
◆BRPジャパン社長、販売店を半年間で13店から20店に拡大

▼動画は海外仕様のものになります。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ▲AK550 台湾生産の大型車として記録的な販売台数を達成 台湾最大のモーターサイクルメーカ…
  2. 今はまだ珍しい新型CBR250RR(MC51)の2本出しマフラーがヤマモトレーシングから発売…
  3. ▲GTS 300 Super ベスパのグランツーリスモモデルが進化! ピアッジオグループジャ…
ページ上部へ戻る