自動運転車の未来は?

日産、トヨタに続き、ホンダも「自動運転車」の開発を進めていることが先月伝えられました。これで国内大手3社が顔をそろえたことになり、「自動運転車」の実現に向けた開発競争に拍車がかかりそうです。

ホンダの試作車はカメラやレーダーなどで周囲の状況を認識して安全な走行を支援する仕組みで、GPSによる位置情報技術も応用していると聞きます。ちなみに日産では2020年の実用化を目指しているようです。

最近ではすでに追突や対向車との衝突を防ぐ「自動ブレーキ機能」が導入され始めていますが、「自動運転車」が実用化されれば人為ミスによる事故を大幅に減らせる可能性があります。「究極の安全技術」ともいわれ、国内外の自動車メーカーだけでなくグーグルなどIT系の異業種からも続々参入していますが、問題は技術面よりもむしろ法律面にあるようです。

もし事故が起きた場合、その責任の所在をどうするか?これを明確にしないまま見切り発進はできません。現在は「運転者主権」という考え方に基づき、事故が起きた場合の責任は原則として運転者にありますが、では自動運転中の事故はいったい誰の責任になるのでしょう。自動車メーカーが責任を負う形ではどのメーカーも及び腰になるはずです。保険会社などが運営責任を代行する案も出ているようですが、いまひとつピンときません。そう考えると、SF映画のような完全自動化への道のりはまだ遠いようですね。

翻ってバイクも自動運転になるのでしょうか。2輪の場合、まず自立できるかが問題ですが、ジャイロモーターを使って直立静止する技術も開発されているので、あながち不可能ではないようです。それが楽しいかというと甚だ疑問ではありますが、バイクの未来形に想いを馳せるのもまた一興ではないでしょうか。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る