[HONDA]MotoGP HRCチーム代表 リビオ・スッポ 現場レポート vol.105

第14戦アラゴンGPは、今季3度目のスペイン開催。Repsol Honda Teamのダニ・ペドロサとマルク・マルケスの両選手にとってホームGPとなる重要なレースです。ペドロサ、マルケス両選手は金曜のフリープラクティスから快調な走りを披露。決勝レースに向けて着々とセットアップを積み重ね、準備を整えていきました。土曜の予選では、マルケスがポールポジション。ペドロサも僅差の3番手タイムで、ともにフロントローを獲得しました。

9月29日(日)午後2時に始まった決勝レースでは、両選手は序盤からトップグループを形成し、優勝を目指して力強いライディングを続けました。ところが6周目、ペドロサのマシン後部とマルケスのマシンがごくわずかに接触した際に、ペドロサのマシンに運悪くメカニカルトラブルが発生してしまい、ペドロサは転倒を喫しました。一方のマルケスは13周目にトップに立つと、以後は後続の選手を振りきってトップでチェッカー。チェコGP以来4戦ぶりとなる今季6勝目を達成しました。だれも予想しなかった出来事で明暗が分かれる結果になった今回のレースについて、チーム代表のリビオ・スッポが解説します。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る