清成龍一、トレーニング中に肩を負傷、BSB第11戦を欠場

清成龍一は、第11戦に向けてのトレーニング中に肩を強打し、その影響から腕が思うように動かないため、チームと協議をし、第11戦を欠場することとなりました。強打した箇所は2009年に骨折をし、プレートが入っている鎖骨付近です。

清成は現在ランキング5位で、残り2戦5レースでタイトルを狙っていました。今後は治療に集中をし、10月19日〜21日にブランズハッチで開催されるシリーズ最終戦に出場する予定です。尚、第11戦は代役にはドイツIDMスーパーバイク選手権に出場している、フレディ・フォレイ選手が出場いたします。

◆清成龍一コメント
「トレーニング中に肩を強打してしまい、腕が動かせなくなってしまいました。その結果、第11戦は欠場することになりました。いつも応援してくれているみなさんには本当に申し訳ないと思っています。出場できるように、いろいろと治療を試したのですが、良くなりません。チームやスポンサー、そしてHONDAにもご迷惑をお掛けすることをお詫び申し上げます。最初に行った病院では詳しいことがわからず、病院を変えて、最終戦までには治したいと思います」

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲Bonneville T120 DIAMOND EDITION トライアンフは、「Bonne…
  2. Team KAGAYAMAは、全日本ロードレース選手権シリーズ最高峰であるJSB1000クラ…
  3. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  4. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
ページ上部へ戻る