モト・グッツィ最大排気量のクルーザー「California 1400 Custom」登場!

モト・グッツィ伝統の名を関するクルーザーモデル「California」がフルモデルチェンジして12月より国内販売を開始する。威風堂々としたスタイリングや高級感溢れるエクステリア、軽快でスポーティなハンドリングなど、歴代カリフォルニア本来の持ち味に磨きをかけつつ、排気量アップにより走りのパフォーマンスを飛躍的に向上。先進の電子制御技術が投入されているのが特徴だ。

エンジンは歴代モデル最大排気量となる1,380ccの空油冷式縦置き90°V型2気筒SOHC4バルブにデュアルスパークプラグを採用し、振動を抑えるフローティングマウント方式で搭載。最大トルク120Nmをたった2,750rpmで発生させるトルク型エンジンは、パワフルさを増したミドルレンジにより最高出力96ps/6500rpmを実現。加えて電子制御インジェクション&ライド・バイ・ワイヤ システムの採用により、MOTO GUZZIらしい鼓動感も体感できるエンジン特性が与えられている。

ライド・バイ・ワイヤ・システムはモード機能を搭載し、手元のスイッチを操作するだけで「スポーツ」(クイックなスロットルレスポンスでスポーツ走行に最適)、「ツーリング」(長距離や市街地走行でスムーズかつ快適な走行)、「レイン」(雨天時や滑りやすい路面状況で安定した走りを実現)など、路面状況に合わせて3つのモードを選択できるのが特徴。加えて、MGCT(Moto Guzzi Controllo di Trazione)は3段階でトラクションコントロールの介入度を設定。また、フロントブレーキには320mm ステンレス デュアルディスク+ブレンボ製ラジアルマウント対向4 ピストンキャリパー装備のデュアルチャンネルABSや、長距離高速走行においてライダーの疲労を軽減するクルーズコントロールを標準装備するなど、安全で快適な走りをサポートする数々のシステムが組み込まれた。

ディテールにもヘッドライトまわりを豪華に彩るLEDディタイムランニングライトやプロジェクターヘッドライト、大径LCDコンビネーションメータを備えたコックピットまわり、クールな雰囲気のインテグレーテッドLEDテールライトなどを備えるなど、洗練された上質なエクステリアも魅力である。

まさに粋な大人の色気を感じさせるようなモデルに生まれ変わったニュー・カリフォルニア。クルーザーのジャンルを超えてファンを広げていきそうなモデルだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
【新車】モト・グッツィ伝統のクルーザーモデル「California 1400 Custom」いよいよ販売開始

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【ヤマハ セロー250】 ディテール&試乗インプレッション 2017年に更に厳しくなる排…
  2. NEXCO中日本は、「第11回 高速道路と風景フォトコンテスト」の入賞作品を決定した。また、…
  3. 大阪のインディアン正規販売店「単車屋吉田」が出展 10月28日(日)に大阪府の泉大津フェニ…
  4. 国際A級スーパークラスで新記録となる6年連続チャンピオン 2018 MFJ※全日本トライア…
ページ上部へ戻る