[DUNLOP]MotoGP Rd.14 Moto2 テロール選手が独走で2勝目

第14戦の舞台は、スペイン北東部の内陸部にあるアラゴンサーキット。1キロ弱のバックストレートを持ち、アップダウンのある約5キロのコースだ。前半は中低速コーナーが続き、後半にストレート部分を含む高速セクションがある。

ダンロップは、フロントには前戦同様ミディアム&ソフトタイヤ、リアにはチェコGPに投入した耐久性の高いニュータイヤと、ミディアムタイヤを準備した。
Moto2クラスの予選は、すべてドライコンディションで行われた。
前日、25歳の誕生日を迎えた地元スペインのN・テロール選手(SUTER)がMoto2で初のポールポジションを獲得した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る