【新車】SUZUKI、スクーター「アドレスV125Sリミテッド」の車体色を変更して10月25日発売

スズキ株式会社は、寒い季節にも快適な機能を装備した125cm3スクーター「アドレスV125Sリミテッド」の車体色を変更し、2013年10月25日(金)より発売する。

●主な変更点
車体色を新色の「グリームグレーメタリック」(銀色)、「パールグラスホワイトNo.2」(白色)と、既存色の「グラスミッドナイトブラウン」(茶色)の3色設定とした。
※既存色、主要諸元、メーカー希望小売価格に変更は無い。

●「アドレスV125Sリミテッド」の主な特長
「軽量・コンパクトな車体と扱いやすいエンジン」、「エッジの効いたシャープなデザイン」、「実用的で便利な装備」などで定評をいただいているアドレスV125Sに、・自動温度制御装置を搭載した、クラス唯一のシートヒーター・冬場に厚手のグローブをしたままでも操作しやすい、プッシュボタン式のグリップヒーター・手元の防風効果を高める、スタイリッシュなデザインのナックルバイザーを、追加装備することで、これからの寒い季節でも快適な走りを実現した。
※125 cm3スクータークラス(国内認定車)2013年9月現在カタログ調べ

■商品名:アドレスV125Sリミテッド(UZ125SZL3)
■メーカー希望小売価格:282,450円(消費税抜き269,000円)
■発売日:2013年10月25日

▼アドレスV125Sリミテッド グリームグレーメタリック

▼アドレスV125Sリミテッド パールグラスホワイトNo.2

▼アドレスV125Sリミテッド グラスミッドナイトブラウン

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る