バイクも衣替えの準備を

朝晩が冷え込む季節になりました。来週からは10月に入り、一層秋らしくなってくるはずです。そろそろ衣替えを、と考えている皆様も多いことでしょう。

ライディングに関しても同じで、気分的にも夏モードから秋冬モードへとチェンジするときです。まずウェアに関してですが、スリーシーズンジャケットにライナーを付けたり、そろそろ秋冬ジャケットを引っ張り出すタイミングかも。グローブももうメッシュじゃないですね。インナーは吸湿速乾タイプから、防風保温タイプへといつ切り替えるか、判断に悩むところです。そんなときは薄手のウインドブレーカーが重宝するはずです。

バイクにもいろいろ変化が出てくる季節です。朝方は気温15℃を切る日も出てきました。真夏に比べれば当然、タイヤの空気圧も下がってきます。
そうでなくても、少しずつタイヤの空気は抜けていくものですし、タイヤの内圧低下はハンドリングやグリップ力に直接影響して、燃費の悪化にもつながりますので、一度チェックしてみるといいでしょう。

また、サスペンション内のダンパーオイルも気温低下とともに粘度が変わってくるので、夏場とはセッティングが微妙にずれてきます。乗り心地が固くなったと感じたら、リセッティングが必要かもしれません。そして、エンジンオイルも夏場は酷使されて相当ヤレているはず。特にオーバーヒートにさらされたオイルは粘度低下を起こしている場合もあり、そうなると本来の潤滑効果が発揮できなくなることも。

季節の変わり目は、つい体調を崩しやすくなるものです。バイクについても健康診断のつもりで、愛車のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る