[HONDA]MotoGP Rd.14アラゴンGPプレビュー

第14戦アラゴンGPが、9月27日(金)から29日(日)までの3日間、モーターランド・アラゴンで開催されます。モーターランド・アラゴンは、バルセロナとバレンシアからそれぞれ約200km、アラゴン州の州都サラゴサから100km離れたアルカニスの郊外にあります。アラゴンGPは、ヘレスで開催されるスペインGP、カタルニアGP、バレンシアGPに続く、スペイン4番目のグランプリとして2010年にスタートし、今年で4度目の開催となります。

モーターランド・アラゴンは、一周5.078km。マレーシアのセパン・サーキット、トルコのイスタンブール・パーク・サーキットなどを手がけたドイツ人のヘルマン・ティルケ氏が設計しました。ティルケ氏がデザインするサーキットの特徴は、自然の地形を利用したアップダウンと、バリエーションに富んだコーナーが連続し、リズム感あふれるレイアウトとなっています。モーターランド・アラゴンは、こうした特徴に加え、2本の長いストレートを組み合わせたレイアウトでパッシングポイントも多く、選手たちから高い評価を得ています。

2011年にはケーシー・ストーナーが、Repsol Honda TeamのMotoGP通算100勝目を達成しました。12年にはダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が優勝。Repsol Honda Teamは今年、3年連続優勝に挑みます。

総合1位のマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、バルセロナから約100km離れたリェイダ近郊のサルベラで生まれ育ちました。マルケスにとっては、カタルニアGPがホームグランプリとなりますが、モーターランド・アラゴンもまた、自宅から約170kmの距離にあり、カタルニアGP同様、地元応援団が大勢駆けつけます。

今シーズンは13戦を終えて、マルケスは5勝を含む12度の表彰台に立つ大活躍です。第3戦スペインGPでは2位、第6戦カタルニアGPでは3位と、地元大会で表彰台に立ち、ファンの期待に応えてきました。そして今大会では、最高峰クラスで初のスペイン大会優勝を果たす意気込みです。Moto2クラス時代は、2011年に優勝、12年に2位という結果を残しました。また、モーターランド・アラゴンでは、今年6月にテストを実施しています。MotoGPマシンでは、第3戦スペインGP以来、久しぶりに経験あるサーキットとなり、初日からの快走が期待されます。

昨年のアラゴンGPを制したペドロサは、今季3勝目と大会2連覇を狙います。前戦サンマリノGPでは、3日間を通じて、タイヤのパフォーマンスをうまく引き出せず、決勝では3位に終わりました。しかし、決勝レース翌日の月曜日に行ったテストでセットアップが大きく前進、その成果を今大会で発揮する意気込みです。13戦を終えて、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)と同ポイントの総合3位。念願のタイトル獲得に向けて、ロレンソはもちろん、マルケスとのチームメート同士の対決にも闘志を燃やしています。

モーターランド・アラゴンを得意とするステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)は、今季2度目の表彰台獲得に挑みます。昨年の大会では、予選5番手から表彰台圏内を走行しましたが、結果は痛恨の転倒リタイア。今年はその雪辱に挑みます。ブラドルは、第9戦アメリカGPで初のポールポジションを獲得、初表彰台となる2位でフィニッシュしました。後半戦は飛躍が期待されましたが、直近の4戦はタイヤのエッジのグリップに苦しんで表彰台争いには加われていません。しかし、前戦サンマリノGPでは、5位でのフィニッシュながら、手応えのある走りとなりました。さらに、サンマリノGP終了後の、月曜日の合同テストでは、これまでとは違うセットアップにトライして大きな収穫を得ることに成功していますので、今大会の走りに注目が集まります。

アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)も、Repsol Honda Teamの両選手同様、ホームGPに闘志を燃やしています。シーズン中盤戦に入って調子を上げているバウティスタですが、過去2戦は、予選、決勝ともに苦戦しました。チームのホームグランプリとなった前戦サンマリノGPでは、予選8番手、決勝7位と思うようなリザルトを残すことができず、悔しい大会となりました。しかし、サンマリノGP決勝翌日の合同テストで、大幅にタイムを更新しました。今大会は、そのテストのデータを最大限にフィードバックする意気込み。今季初表彰台に気合を入れています。

Moto2クラスは、今大会も厳しい戦いが予想されます。昨年の大会では、ポル・エスパルガロが優勝。マルケスが2位、スコット・レディングが3位という結果でした。今年は、レディング(Marc VDS Racing Team)が総合首位、エスパルガロ(Tuenti HP 40)が総合2位で今大会を迎えます。前戦サンマリノGPでは、エスパルガロが今季4勝目を達成。一方のレディングは、2戦前のイギリスGPでシーズン3勝目を達成するも、サンマリノGPでは腕にケガを抱えて6位に終わりました。そのため、レディングとエスパルガロの差は、38点から23点へと大きく縮まりました。モーターランド・アラゴンは、両選手ともに得意とするサーキット。エスパルガロにとっては、ホームレースというアドバンテージを生かす意気込みです。一方、レディングも前戦の雪辱に燃えているだけに、2人の戦いに大きな注目が集まります。

総合3位のエステベ・ラバト(Tuenti HP 40)も、地元大会での今季3勝目に向けて闘志満々。過去4戦連続2位の中上貴晶(Italtrans Racing Team)も、念願の初優勝に挑みます。後半戦に入って優勝ライダーが目まぐるしく変わるMoto2クラス。今大会も厳しい戦いが予想されます。

Moto3クラスは、総合7位につけるジャック・ミラー(Caretta Technology – RTG)が、今季初フロントローと初表彰台に挑みます。前戦サンマリノGPでは今季ベストの5位でフィニッシュ。今大会は初表彰台獲得を目標に戦います。総合8位のアレクシ・マスボー(Ongetta-Rivacold)は、リタイアに終わった前戦サンマリノGPの雪辱に挑みます。この数戦、着実に調子を上げている総合15位のロマノ・フェナティ(San Carlo Team Italia)も、今季ベストリザルトを狙います。フェナティは、昨年の大会では4番手スタートから悔しいリタイアに終わっています。得意とするサーキットだけに、今年の走りに注目が集まっています。渡辺陽向(TASCA RACING)も、ポイント獲得に向けて全力で挑みます。

◆マルク・マルケス(MotoGP ランキング1位)
「ホームグランプリとなるアラゴンで、ファンの前で戦えることがとてもうれしいです。このサーキットは大好きなコースの一つです。かなりのテクニックを必要としますし、最初と最後のセクションをはじめ、どのコーナーでもいい走りをしなければなりません。過去2年間はいい結果を残してきましたので、今年も同じような結果が出せることを願っています。また、今シーズンすでに、ここでMotoGPマシンのテストをしていますので、データがあります。ミサノのレースのあとの月曜日にもいいテストができ、ポジティブなセッティングを見つけることができました。それを今週末のアラゴンで試すのが楽しみです」

◆ダニ・ペドロサ(MotoGP ランキング3位)
「アラゴンでは、これまでいい走りをすることができました。そして、再びホームのファンの前でレースをするのが楽しみです。ファンのサポートはすばらしく、モチベーションも上がります。ミサノでは月曜日にテストを行いました。コーナーの立ち上がりでは特にポジティブな部分がありましたので、それがアラゴンで役に立つことを願っています」

◆ステファン・ブラドル(MotoGP 6位)
「アラゴンでは、今年すでにテストをしていますので、レースに向けて準備万端であることを願っています。今大会は、これまでとは違うセットアップにトライしますので、興味深いラウンドになります。ミサノで行われたサンマリノGPとは、パッケージをかなり変えました。アラゴンのサーキットはHondaのマシンに合うので、今週末が楽しみです。力強いペースで走って、いい結果を出したいです。でも今年は転倒したくないですね」

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る