BMW 「F700GS、F800GS サイドスタンドスイッチ」に関するリコール

リコール開始日:平成25年9月26日

【不具合の部位(部品名)】
サイドスタンドスイッチ

【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】

サイドスタンドスイッチの固定方法が不適切なため、固定が外れて当該スイッチが緩むことがある。そのため、ギアが入った状態でサイドスタンドが出された際に作動するべきエンジン停止機能が作動しないおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、サイドスタンドスイッチの固定方法をナットに変更する。また、当該
固定方法に対応した対策品のサイドスタンド固定ボルトに交換する。

【自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置】
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・対策実施済車には、シート下のフレームに外-1963 を貼付する

【対象車の型式、通称名、車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間、台数】
=型式:F700GS
■「BMW F700GS」
WB10B0107DZZ75537 〜 WB10B0107DZZ77949
平成24年6月5日 〜 平成24年10月19日 178 台

=型式:F800GS
■「BMW F800GS」
WB10B0205DZ000033 〜 WB10B0206DZ003068
平成24年6月5日 〜 平成24年10月19日 135 台

【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象ではない車両も含まれている場合があります。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る