BMWの電動バイクがついに市販化か!?

9月10日にドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、BMWモトラッドが『Cエボリューション』を初公開した。CエボリューションはBMWモトラッド初の電動スクーターの量産モデルである。コンセプトモデルとしては度々世界のモーターショーに出品されていたが、今回は発売を前提とした市販バージョンとしての登場だ。

以下レスポンスより引用
『パワートレインは、水冷式モーターと空冷式高圧バッテリー(二次電池)で構成。モーターは最大出力47psを発生。最高速120km/h(リミッター作動)の動力性能を実現する。0-50km/h加速は2.7秒、0-100km/h加速は6.2秒。BMWモトラッドによると、加速性能は排気量600ccクラスの大型スクーターよりも優れる』という。

気になる航続距離だが、BMWモトラッドにすでに掲載されている情報によると、フル充電で100kmまでの走行が可能で、バッテリーが完全に切れた状態からフル充電までの時間も3時間以下。バッテリー内蔵の充電器により、家庭の電源やチャージングステーションでの充電が可能とのこと。ABS搭載の高性能ブレーキシステムを搭載し、車両が状況に応じてエネルギー回生を自動的に行うシステムを搭載しているようだ。
また、走行モードを採用し「ロード」「エコプロ」「セイル」「ダイナミック」の4種類からセレクトできる仕組みで、走行スタイルにより航続距離を10-20%伸ばすこともできるという。

BMWグループは4輪のハイブリッドに続き、つい先日も電気自動車の新ブランドである『i3』の生産を開始するなど、急速にEV化へと舵を切り始めている。近い将来、4輪はPHV(プラグインハイブリッド)と水素を燃料とする燃料電池車が主流となり、コミューターとしての超小型車と2輪はEV化していくとの予想もある。
充電スタンドの拡充と生産コストの圧縮などの課題はなお残るものの、世の中の潮流は変えられないだろう。今のところ国産メーカーに目立った動きはないようだが、次の一手が気になるところだ。

【関連ニュース】
【フランクフルトモーターショー13】BMW から電動スクーター、Cエボリューション…市販版を初公開

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る