キープライトという考え方もある

先日、英国出張の際、クルマで移動中にふと気になったことがありました。ロンドン周辺の朝夕は日本と同じで道路も混雑していて、渋滞に出くわすこともしばしばです。ただ、その中でもバイクは比較的スムーズに流れています。よく見るとライダーは皆、渋滞しているクルマの右側を走っていきます。英国は日本と同じ左側通行なので、つまりセンターライン近くを走っているわけです。

一見、危なそうな気もしますが、さらによく見ると、クルマとセンターラインとの間に幅1mぐらいのスペースが空いているのです。クルマが左右に凸凹せず、きちっと1列に整列しているおかげで空いたスペースを利用してバイクが抜けていきます。
逆に車の左側は自転車専用レーンになっていて色分けされていたりも。つまり、ひとつの車線内をクルマ、バイク、自転車がうまくシェアして走っているのです。

たしかにこの方式であれば、クルマに進路をブロックされて右往左往したり、自転車と絡んでストレスになるような、バイクにとって無駄で疲れる渋滞を減らすことができるでしょう。蛇行せずに進行方向にまっすぐ進むので安全でもあるはずです。

もちろん、交通環境や法規の違いもあるとは思いますが、ロンドンあたりは道幅も比較的狭く、日本とそう変わらない感じです。大規模なインフラ整備をしなくても、個々人のちょっとした気遣いやモラルの向上だけで、日本の道もずいぶん走りやすくなるのではと思ってしまいました。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る