キープライトという考え方もある

先日、英国出張の際、クルマで移動中にふと気になったことがありました。ロンドン周辺の朝夕は日本と同じで道路も混雑していて、渋滞に出くわすこともしばしばです。ただ、その中でもバイクは比較的スムーズに流れています。よく見るとライダーは皆、渋滞しているクルマの右側を走っていきます。英国は日本と同じ左側通行なので、つまりセンターライン近くを走っているわけです。

一見、危なそうな気もしますが、さらによく見ると、クルマとセンターラインとの間に幅1mぐらいのスペースが空いているのです。クルマが左右に凸凹せず、きちっと1列に整列しているおかげで空いたスペースを利用してバイクが抜けていきます。
逆に車の左側は自転車専用レーンになっていて色分けされていたりも。つまり、ひとつの車線内をクルマ、バイク、自転車がうまくシェアして走っているのです。

たしかにこの方式であれば、クルマに進路をブロックされて右往左往したり、自転車と絡んでストレスになるような、バイクにとって無駄で疲れる渋滞を減らすことができるでしょう。蛇行せずに進行方向にまっすぐ進むので安全でもあるはずです。

もちろん、交通環境や法規の違いもあるとは思いますが、ロンドンあたりは道幅も比較的狭く、日本とそう変わらない感じです。大規模なインフラ整備をしなくても、個々人のちょっとした気遣いやモラルの向上だけで、日本の道もずいぶん走りやすくなるのではと思ってしまいました。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る