MotoGP 2014年のMoto2クラスは33人、Moto3クラスは32人

来季のエントリーを決定するセレクション委員会がミサノで協議を行い、Moto2クラスは20チーム33名、Moto3クラスは17チーム32名の暫定エントリーを発表。合計37チームは、起用するライダーのリストを1ヶ月後のマレーシアGP初日までに提出する。

ドルナスポーツは18日、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで、ドルナスポーツとIRTA国際レーシングチーム連盟の代表者たちによるセレクション委員会が、2014年にMoto2クラスとMoto3クラスに参戦するチームエントリーに関して協議を行い、暫定エントリーを発表した。

来季のMoto2クラスは、20チーム、33名。Moto3クラスは、17チーム、32名。

合計37チームは、10月11日、第15戦マレーシアGPの初日までに、保証金と起用を予定するライダー名をIRTAに提出。セレクション委員会は、セパン・インターナショナル・サーキットでチームからの申請を再検証して、2014年シーズンに参戦するライダーを決定する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る