MotoGP 2014年のMoto2クラスは33人、Moto3クラスは32人

来季のエントリーを決定するセレクション委員会がミサノで協議を行い、Moto2クラスは20チーム33名、Moto3クラスは17チーム32名の暫定エントリーを発表。合計37チームは、起用するライダーのリストを1ヶ月後のマレーシアGP初日までに提出する。

ドルナスポーツは18日、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンセリで、ドルナスポーツとIRTA国際レーシングチーム連盟の代表者たちによるセレクション委員会が、2014年にMoto2クラスとMoto3クラスに参戦するチームエントリーに関して協議を行い、暫定エントリーを発表した。

来季のMoto2クラスは、20チーム、33名。Moto3クラスは、17チーム、32名。

合計37チームは、10月11日、第15戦マレーシアGPの初日までに、保証金と起用を予定するライダー名をIRTAに提出。セレクション委員会は、セパン・インターナショナル・サーキットでチームからの申請を再検証して、2014年シーズンに参戦するライダーを決定する。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲G 310 R 9年連続で過去最高販売数を記録 ビー・エム・ダブリューは、日本市場における…
  2. ドゥカティは、2018 MotoGP 世界選手権のチーム体制を発表した。 昨年に引き続…
  3. 年が明けて心機一転、愛車のお手入れ初めにオイル交換はいかがでしょうか。 オイルの基礎知識、…
  4. 【ヤマハ エキサイター150】ディテール&試乗インプレッション タイやベトナムで人気の…
ページ上部へ戻る